試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041003893

関連作品有り

波打ち際の蛍

  • 著者 島本 理生
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041003893

蛍、あなたに触れたいのに――。

DVで心の傷を負い、カウンセリングに通っていた麻由は、蛍に出逢い心惹かれていく。彼を想う気持ちと不安。相反する気持ちを抱えながら、麻由は痛みを越えて足を踏み出す。切実な祈りと光に満ちた恋愛小説。

メディアミックス情報

NEWS

「波打ち際の蛍」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 思いのほか、時間のかかった再読となりました。過去のツラい経験から男性とうまく接するコトができない主人公「麻由」と、おなじくメンタルを少し患っている年上の「蛍」が出会い、お互いの距離感をとても丁寧に、慎 思いのほか、時間のかかった再読となりました。過去のツラい経験から男性とうまく接するコトができない主人公「麻由」と、おなじくメンタルを少し患っている年上の「蛍」が出会い、お互いの距離感をとても丁寧に、慎重になりながらつめていく話ですが、なんせひたすらずっともどかしく、イライラとまではなりませんでしたが、ヤキモキはさせられました。終始、ピュアで私のココロには純粋すぎて素直に作品のもつクリアなモノを受け止めきれなかったと思います。それでも本作はやっぱり島本さんワールドの原点なんだろうなと感じさせる作品でした。 …続きを読む
    おしゃべりメガネ
    2020年09月18日
    127人がナイス!しています
  • 麻由と蛍の出会いは歓びと、戸惑いと、後ろめたさが同居する。お互いを必要としているのに、一番近くにいて、一番遠い存在。心に傷を抱えている二人だからこそ、一歩引いてしまう処と適当差が曖昧になる。麻由の心の 麻由と蛍の出会いは歓びと、戸惑いと、後ろめたさが同居する。お互いを必要としているのに、一番近くにいて、一番遠い存在。心に傷を抱えている二人だからこそ、一歩引いてしまう処と適当差が曖昧になる。麻由の心の傷は、自分が特別な一人になる為に課した自業自得のような気もする。まだ出会ったばかり。時を経て、新たな二人にエールを送りたい。 …続きを読む
    のり
    2017年12月20日
    112人がナイス!しています
  • とぎ澄まされた美しい文章。螺旋階段を登らねば核心に辿り着けない、その手法。だからこそ際立つ、過去の鋭利な痛み。読んでいるあいだ、私の周りの空気は薄っすら血の色が混じるマーブルになる。海にのまれないよう とぎ澄まされた美しい文章。螺旋階段を登らねば核心に辿り着けない、その手法。だからこそ際立つ、過去の鋭利な痛み。読んでいるあいだ、私の周りの空気は薄っすら血の色が混じるマーブルになる。海にのまれないよう、波打ち際の白線になってくれるという男。溶けあいたいのにそれを阻む、深海と水面を行き来する記憶。つらい物語のはずが、夜の海に乳白色の明るい揺らめきを映しだす。寄り添おうとしてくれる人がいることの奇跡。生きづらさを抱える人の物語は、恋愛小説だけれど恋愛を超えている。 …続きを読む
    しいたけ
    2020年09月06日
    104人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品