波打ち際の蛍

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041003893

波打ち際の蛍

  • 著者 島本 理生
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041003893

蛍、あなたに触れたいのに――。

DVで心の傷を負い、カウンセリングに通っていた麻由は、蛍に出逢い心惹かれていく。彼を想う気持ちと不安。相反する気持ちを抱えながら、麻由は痛みを越えて足を踏み出す。切実な祈りと光に満ちた恋愛小説。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「波打ち際の蛍」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 麻由と蛍の出会いは歓びと、戸惑いと、後ろめたさが同居する。お互いを必要としているのに、一番近くにいて、一番遠い存在。心に傷を抱えている二人だからこそ、一歩引いてしまう処と適当差が曖昧になる。麻由の心の 麻由と蛍の出会いは歓びと、戸惑いと、後ろめたさが同居する。お互いを必要としているのに、一番近くにいて、一番遠い存在。心に傷を抱えている二人だからこそ、一歩引いてしまう処と適当差が曖昧になる。麻由の心の傷は、自分が特別な一人になる為に課した自業自得のような気もする。まだ出会ったばかり。時を経て、新たな二人にエールを送りたい。 …続きを読む
    のり
    2017年12月20日
    106人がナイス!しています
  • かつての恋人からDVによって傷つけられた麻由はカウンセリングの相談室で蛍と出会う。次第に惹かれ合う二人。しかし麻由はフラッシュバックする恐怖から蛍を拒絶してしまう。愛したい、愛されたい、でも怖い--彼 かつての恋人からDVによって傷つけられた麻由はカウンセリングの相談室で蛍と出会う。次第に惹かれ合う二人。しかし麻由はフラッシュバックする恐怖から蛍を拒絶してしまう。愛したい、愛されたい、でも怖い--彼女の心を引き裂く相反する感情の揺れ動きが繊細に描写されていてとても共感しました。蛍が何とかして彼女を受け止めようと言う姿勢にも心打たれます。麻由の従兄弟さとるが凄いいいキャラ。全体的に切ない雰囲気だけれども光が見える終わり方で良かった。紆余曲折はあるだろうけれど麻由は蛍と共に過去を乗り越えていけると思います。 …続きを読む
    蓮子
    2016年05月18日
    94人がナイス!しています
  • 麻由には幸せになってもらいたいと思った。とても切なくなり、どうなるのか不安になりながら読んだ。少しづつでもいいから前に進めるといいと思う。 麻由には幸せになってもらいたいと思った。とても切なくなり、どうなるのか不安になりながら読んだ。少しづつでもいいから前に進めるといいと思う。
    マコポン
    2015年05月25日
    79人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品