魔力の胎動

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年03月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041067390

魔力の胎動

  • 著者 東野 圭吾
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年03月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041067390

映画化『ラプラスの魔女』前日譚

自然現象を見事に言い当てる、彼女の不思議な“力”はいったい何なのか――。彼女によって、悩める人たちが救われて行く……。東野圭吾が価値観を覆した衝撃のミステリ『ラプラスの魔女』の前日譚。

『魔女』のはじまりの物語

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「魔力の胎動」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 東野圭吾は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。既読の『ラプラスの魔女』の前日譚的、連作短編集でした。オススメは、『あの風に向かって翔べ』です。読む順番としては、やはり本書⇒『ラプラスの魔女』の方 東野圭吾は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。既読の『ラプラスの魔女』の前日譚的、連作短編集でした。オススメは、『あの風に向かって翔べ』です。読む順番としては、やはり本書⇒『ラプラスの魔女』の方が良い気かします。羽原円華を広瀬すずが演じる映画も期待しています。 http://www.laplace-movie.jp/ 羽原円華をスキージャンプ日本代表ナショナルチームのコーチに招聘したいなぁ!那由他(なゆた)という数の単位があることを本書で初めて知りました。 …続きを読む
    starbro
    2018年04月08日
    552人がナイス!しています
  • 『ラプラスの魔女』の前日譚。連作短編形式になっていて読みやすかった。ナユタと円華が知り合いになり様々な問題を魔力のような円華の能力で解決していくのだが、徐々に『ラプラスの魔女』へと繋がっていくのは流石 『ラプラスの魔女』の前日譚。連作短編形式になっていて読みやすかった。ナユタと円華が知り合いになり様々な問題を魔力のような円華の能力で解決していくのだが、徐々に『ラプラスの魔女』へと繋がっていくのは流石東野さん。ますます映画が楽しみだ。 …続きを読む
    ゆのん
    2018年04月07日
    490人がナイス!しています
  • マスカレード・イブならぬ「ラプラス・イブ」といった作品。ラプラスの仮説のように現在の状況から少し先の未来を予測できる円華の能力を使って、不振のスキージャンパーを復活させたり、ナックルボールを取れないキ マスカレード・イブならぬ「ラプラス・イブ」といった作品。ラプラスの仮説のように現在の状況から少し先の未来を予測できる円華の能力を使って、不振のスキージャンパーを復活させたり、ナックルボールを取れないキャッチャーに自信を持たせたりという活躍を見せます。こういうスポーツ科学を取り上げた物語は、東野さんの初期の作品を彷彿とさせ、懐かしかった。とは言え、自分にとっては肝心の「ラプラスの魔女」がイマイチだっので、この作品もまずまずといった感じでした。 …続きを読む
    ウッディ
    2019年04月14日
    484人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品