魔力の胎動

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041096741

魔力の胎動

  • 著者 東野 圭吾
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041096741

悩める人々の前に現れた彼女は、魔女

成績不振に苦しむスポーツ選手、
息子が植物状態になった水難事故から立ち直れない父親、
同性愛者への偏見に悩むミュージシャン。
彼等の悩みを知る鍼灸師・工藤ナユタの前に、
物理現象を予測する力を持つ不思議な娘・円華が現れる。
挫けかけた人々は彼女の力と助言によって光を取り戻せるか?
円華の献身に秘められた本当の目的と、切実な祈りとは。
規格外の衝撃ミステリ『ラプラスの魔女』とつながる、あたたかな希望と共感の物語。

もくじ

第一章 あの風に向かって翔べ
第二章 この手で魔球を
第三章 その流れの行方は
第四章 どの道で迷っていようとも
第五章 魔力の胎動

あらすじ

人物相関図


  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「魔力の胎動」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「ラプラスの魔女」と関係があるらしいのですがすっかり忘れてしまっていました。がこの本だけでも楽しめました。鍼灸師が主人公の話が4つあり連作になっていて、そこに不思議な能力を持つ少女が現れてその鍼灸師を 「ラプラスの魔女」と関係があるらしいのですがすっかり忘れてしまっていました。がこの本だけでも楽しめました。鍼灸師が主人公の話が4つあり連作になっていて、そこに不思議な能力を持つ少女が現れてその鍼灸師を助け最後はその鍼灸師の心の底にあったわだかまりを開放してくれます。最後の章だけが少し別の話でこれが前作につながるのでしょう。やはり理科系出身の作家さんですね。 …続きを読む
    KAZOO
    2021年04月01日
    151人がナイス!しています
  • 「ラプラスの魔女」の前日譚にあたる連作短編集。鍼灸師・工藤ナユタの語りで、成績不振のアスリートや家庭内不和等の悩みを円華が解決する物語群と、事件につながる標題作はマスカレードイブと同じ構成。彼女の異能 「ラプラスの魔女」の前日譚にあたる連作短編集。鍼灸師・工藤ナユタの語りで、成績不振のアスリートや家庭内不和等の悩みを円華が解決する物語群と、事件につながる標題作はマスカレードイブと同じ構成。彼女の異能が本格的に発揮されるのは第1章「あの風に向かって翔べ」と第2章ぐらい。で、あとは心の檻から解き放つ話で異能が無くても成立するかも。ただ第3章「この流れの行方は」で実験結果を前に叱咤する彼女は最高にカッコいい。前作を読み異能の何たるの予備知識があると面白さが増すかも。この著者にハズレなし、満足の一冊です。 …続きを読む
    ponpon
    2021年03月29日
    111人がナイス!しています
  • 『ラプラスの魔女』の円華のラプラス以前のエピソード。ナユタという鍼灸師とコンビで科学的な分析方法で色んな不思議な事件を解決していく短編集。先に『ラプラス』を読んでいたので円華の天才的な能力はわかってい 『ラプラスの魔女』の円華のラプラス以前のエピソード。ナユタという鍼灸師とコンビで科学的な分析方法で色んな不思議な事件を解決していく短編集。先に『ラプラス』を読んでいたので円華の天才的な能力はわかっていたのでスムーズに入れた。むしろ円華の人間味を感じるエピソードに感じられた。5つの話で構成されてて読みやすくどの話も面白かった。それぞれの悩める人たちを解放していく円華がとても女神っぽく感じた。そして最終話の表題作はまさしく『ラプラス』へと繋がる伏線となっていてまた再読したくなる内容。なぜかホッと読後感でした。 …続きを読む
    カメ吉
    2021年04月13日
    110人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品