角川文庫

ありがとうは僕の耳にこだまする

会話ができないからこそ聴こえる、生きものたちの声、世界のささやき。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784041066676
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

ありがとうは僕の耳にこだまする

会話ができないからこそ聴こえる、生きものたちの声、世界のささやき。

  • 著者 東田 直樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784041066676

会話ができないからこそ聴こえる、生きものたちの声、世界のささやき。

「やさしい人」

自分が知っていることは
みんなも知っていると思うのは
普通の人
みんなは知らないことを
自分は知っていると思うのは
自分よがりな人
自分の知らないことは
みんなも知らないと思うのは
自分勝手な人
みんな知っているのかなぁと心配するのが
やさしい人

カラー写真を増補した文庫版。プレゼントにも最適!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ありがとうは僕の耳にこだまする」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 日常の感じ方、言葉の選び方、難しい言葉は全然使ってないのにきっと私にはできない世界の感じ方をしている東田さんのありのままの気持ちが表されたこの詩集はとっても素敵だなぁと思います。私が一番好きなのは「や 日常の感じ方、言葉の選び方、難しい言葉は全然使ってないのにきっと私にはできない世界の感じ方をしている東田さんのありのままの気持ちが表されたこの詩集はとっても素敵だなぁと思います。私が一番好きなのは「やさしい人」です。普通でも自分よがりでも自分勝手でもないやさしい人に私はなりたいです。東田さんの心の叫び、機会があれば読んでみてください! …続きを読む
    あき
    2018年04月22日
    7人がナイス!しています
  • 書店で目にした瞬間、タイトル / 表紙 / 帯の言葉 すべてに心が揺さぶられ、思わず手に取りレジへ直行しました。とにかく沁みる。どうしたらこんな言葉のつむぎ方ができるんだろう。やさしくもかなしく、まっ 書店で目にした瞬間、タイトル / 表紙 / 帯の言葉 すべてに心が揺さぶられ、思わず手に取りレジへ直行しました。とにかく沁みる。どうしたらこんな言葉のつむぎ方ができるんだろう。やさしくもかなしく、まっすぐに響いてくる1冊です。 …続きを読む
    さとう
    2018年04月18日
    1人がナイス!しています
  • 最後の詩の鼻が鼻であるように 僕は人でありたい という部分が細川ガラシャの辞世の句に似ているなと思った。こういう感覚は本当に芯のある心の強い人にしか表現できないことなんだろうなと。 最後の詩の鼻が鼻であるように 僕は人でありたい という部分が細川ガラシャの辞世の句に似ているなと思った。こういう感覚は本当に芯のある心の強い人にしか表現できないことなんだろうなと。
    mayu
    2018年11月30日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品