試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年03月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041065150

関連作品有り

絆創膏日記

  • 著者 東田 直樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年03月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041065150

ここには僕の、ありのままの心が、詰まっている――。

「自分の心の有り様を残しておくために、僕は言葉を紡いでいる」――13歳で『自閉症の僕が跳びはねる理由』を著した東田直樹。25歳の等身大の心をありのままに、おもねることなく綴った一年半の日記エッセイ。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「絆創膏日記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 東田直樹さんの最新刊。彼も26歳になりました。日記形式になっていて、四季の移り変わりと共に自分の幼い頃の事や学校での話、取材されたり、講演会での出来事など健常者の若者となんら変わらない。むしろそれ以上 東田直樹さんの最新刊。彼も26歳になりました。日記形式になっていて、四季の移り変わりと共に自分の幼い頃の事や学校での話、取材されたり、講演会での出来事など健常者の若者となんら変わらない。むしろそれ以上に思慮深く考えてる。言葉が出せないもどかしさ。思ってることと違い勝手に動く手足。文章にできる技術を身に着けるまで、たくさんの苦しみを味わい凄まじい根気が必要だったと思いますが、そのおかげで多くの人に伝わったこと。本当に素晴らしい。 …続きを読む
    美登利
    2020年07月12日
    80人がナイス!しています
  • なんと瑞々しい感性でしょう。コミュニケーションの上手くとれない障害の子たちと共にいると、東田直樹さんの著作に助けられ、支えられているように思います。「絆創膏日記」は、東田さんの受けとめた日常であり、書 なんと瑞々しい感性でしょう。コミュニケーションの上手くとれない障害の子たちと共にいると、東田直樹さんの著作に助けられ、支えられているように思います。「絆創膏日記」は、東田さんの受けとめた日常であり、書かれていることは彼の個性、オリジナリティではあるけれど、自閉症の子どもたちは、人に伝えられない自分を持っているのだと再認識させられました。事業所で行き詰まったとき、この本を開きたいと思います。 …続きを読む
    ヒラP@ehon.gohon
    2020年11月23日
    27人がナイス!しています
  • 心に残った文のところに適当にちぎった紙を挟んでいったら、みごとにビラビラ。キリがない。疲れた会社帰りの電車の中で読みながらいつのまにかにこにこしていた(マスクしててよかった)。子どもの頃初めてみる海に 心に残った文のところに適当にちぎった紙を挟んでいったら、みごとにビラビラ。キリがない。疲れた会社帰りの電車の中で読みながらいつのまにかにこにこしていた(マスクしててよかった)。子どもの頃初めてみる海に怯えてお母さんにしがみついていた話や砂だんごを一緒に作った話があまりに素敵で泣きそう。とにかく、読んでみてほしい、そして誰かと話したいと思った本でした。 …続きを読む
    booooklyn
    2020年07月07日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品