試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年03月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041065150

絆創膏日記

  • 著者 東田 直樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年03月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041065150

ここには僕の、ありのままの心が、詰まっている――。

「自分の心の有り様を残しておくために、僕は言葉を紡いでいる」――13歳で『自閉症の僕が跳びはねる理由』を著した東田直樹。25歳の等身大の心をありのままに、おもねることなく綴った一年半の日記エッセイ。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「絆創膏日記」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 東田直樹さんの最新刊。彼も26歳になりました。日記形式になっていて、四季の移り変わりと共に自分の幼い頃の事や学校での話、取材されたり、講演会での出来事など健常者の若者となんら変わらない。むしろそれ以上 東田直樹さんの最新刊。彼も26歳になりました。日記形式になっていて、四季の移り変わりと共に自分の幼い頃の事や学校での話、取材されたり、講演会での出来事など健常者の若者となんら変わらない。むしろそれ以上に思慮深く考えてる。言葉が出せないもどかしさ。思ってることと違い勝手に動く手足。文章にできる技術を身に着けるまで、たくさんの苦しみを味わい凄まじい根気が必要だったと思いますが、そのおかげで多くの人に伝わったこと。本当に素晴らしい。 …続きを読む
    美登利
    2020年07月12日
    79人がナイス!しています
  • 心に残った文のところに適当にちぎった紙を挟んでいったら、みごとにビラビラ。キリがない。疲れた会社帰りの電車の中で読みながらいつのまにかにこにこしていた(マスクしててよかった)。子どもの頃初めてみる海に 心に残った文のところに適当にちぎった紙を挟んでいったら、みごとにビラビラ。キリがない。疲れた会社帰りの電車の中で読みながらいつのまにかにこにこしていた(マスクしててよかった)。子どもの頃初めてみる海に怯えてお母さんにしがみついていた話や砂だんごを一緒に作った話があまりに素敵で泣きそう。とにかく、読んでみてほしい、そして誰かと話したいと思った本でした。 …続きを読む
    booooklyn
    2020年07月07日
    10人がナイス!しています
  • 図書館の新刊コーナーでタイトルに惹かれて手に取った。自閉症の青年が記した日記で出来事ではなく考えたことが綴られている。会話が出来ないなんて信じられないくらい聡明な文章だ。励まされた人が「ありがとう」と 図書館の新刊コーナーでタイトルに惹かれて手に取った。自閉症の青年が記した日記で出来事ではなく考えたことが綴られている。会話が出来ないなんて信じられないくらい聡明な文章だ。励まされた人が「ありがとう」と応えるが、そこには優しい気持ちへの感謝ともうひとつ、早く話を切り上げるためのお礼という意味がある(人を励ますということ)。気持ちは本当に嬉しいけど、難しいことってあるんだよ伝わらないけどって時。経験ある。 著者の本は初めてだったので、13歳の時の本「自閉症の僕が飛びはねる理由」を読みたい。 …続きを読む
    さく
    2020年07月25日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品