角川文庫

跳びはねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えていること

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041068991

角川文庫

跳びはねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えていること

  • 著者 東田 直樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041068991

「どんな自分も、自分なのです」感動のベストセラーエッセイ待望の文庫化!

「僕は、二十二歳の自閉症者です。
僕の口から出る言葉は、奇声や雄叫び、意味のないひとりごとです。
普段しているこだわり行動や跳びはねる姿からは、僕がこんな文章を書くとは、誰にも想像できないでしょう」

会話ができない著者の「考える歓び」に満ちた清冽なエッセイ。
自分にとっての障害、人との絆、自然との一体感、かけがえのない幸福。
生きることの本質を捉えて大きな驚嘆と感動を呼んだベストセラー、待望の文庫化!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「跳びはねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えていること」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 人生にとって重要な学びはふたつある。ひとつ目は、勉強をして、考える力を身につけること。ふたつ目は、自分の幸せに気づくこと。この事をしっかりと心にとめておきます。面白かったという言い方がいいのか分からな 人生にとって重要な学びはふたつある。ひとつ目は、勉強をして、考える力を身につけること。ふたつ目は、自分の幸せに気づくこと。この事をしっかりと心にとめておきます。面白かったという言い方がいいのか分からないですけど、こんなことを考えてるんだと知ることができ、とても良かったです。あんまり、まだ自閉症について知識が無い人にもっと読んでもらいたい本です。 …続きを読む
    なつポン
    2019年04月17日
    6人がナイス!しています
  • 会話による人とのコミュニケーションを取るのは困難だが,キーボード等で文章を紡ぐことができるという自閉症の東田直樹さんのエッセイ。 彼にとっての”あたりまえ”が私にとっては”あたりまえ”ではなく,私にと 会話による人とのコミュニケーションを取るのは困難だが,キーボード等で文章を紡ぐことができるという自閉症の東田直樹さんのエッセイ。 彼にとっての”あたりまえ”が私にとっては”あたりまえ”ではなく,私にとっての”あたりまえ”が彼にとっては”あたりまえ”ではない。 それは別に,彼と私だけの間の話ではなく,私と隣にいる誰かとの間の話であるかもしれない──ということに,彼のエッセイを読むといつも感じさせられる。 …続きを読む
    直人
    2018年07月10日
    5人がナイス!しています
  • 自閉症のひとは、私たちがわかるような表現方法を持たない場合が多いので、こんなに判りやすく書いてくれてありがたい。 知的障害者だとわかると、健常者はバカにしがちだけれど、障害者と健常者の境目なんて紙一重 自閉症のひとは、私たちがわかるような表現方法を持たない場合が多いので、こんなに判りやすく書いてくれてありがたい。 知的障害者だとわかると、健常者はバカにしがちだけれど、障害者と健常者の境目なんて紙一重ですよね。 東田さんのきれいな言葉で丁寧な文章。見習いたいです。 …続きを読む
    うに
    2018年07月31日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品