跳びはねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えていること

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041068991

跳びはねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えていること

  • 著者 東田 直樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041068991

「どんな自分も、自分なのです」感動のベストセラーエッセイ待望の文庫化!

「僕は、二十二歳の自閉症者です。
僕の口から出る言葉は、奇声や雄叫び、意味のないひとりごとです。
普段しているこだわり行動や跳びはねる姿からは、僕がこんな文章を書くとは、誰にも想像できないでしょう」

会話ができない著者の「考える歓び」に満ちた清冽なエッセイ。
自分にとっての障害、人との絆、自然との一体感、かけがえのない幸福。
生きることの本質を捉えて大きな驚嘆と感動を呼んだベストセラー、待望の文庫化!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「跳びはねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えていること」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 自閉症の著者のエッセイとインタビュー。丁寧に感じたことや思考を重ねているエッセイがよかった。インタビューでは会話はできずに文字盤を指さし、突然立ち上がって窓際に行ってしまう様子も含めて書かれている。ど 自閉症の著者のエッセイとインタビュー。丁寧に感じたことや思考を重ねているエッセイがよかった。インタビューでは会話はできずに文字盤を指さし、突然立ち上がって窓際に行ってしまう様子も含めて書かれている。どうしようもない思考の執着や感情の起伏が平明な文章で書かれていると、そういったことで普通の生活が送れない悲しさが伝わってくる。ずっと青空を見ていたり、水の流れやタイヤの回転を見ている様子は、内面世界が豊かなのだろう。海外でも講演を行い聴衆について「どの国でも家族を思う気持ちは同じ」という言葉に胸を打たれる。 …続きを読む
    booklight
    2020年02月09日
    36人がナイス!しています
  • 図書館電子書籍。すごくよかった。自閉症の方が見ている世界。人も建物も全てが等価に見えているから、挨拶されても気づかない。インタビュー中に突然関係ない言葉を発したり、席をたってしまう時のことも説明されて 図書館電子書籍。すごくよかった。自閉症の方が見ている世界。人も建物も全てが等価に見えているから、挨拶されても気づかない。インタビュー中に突然関係ない言葉を発したり、席をたってしまう時のことも説明されている。私たちも常にちらっと他のことを考えたりする。それがより顕著でしかもそこにとらわれで進まなくなったりするのが自閉症なのかも。そして、これは誰しもが同じなのに「健常者」であるために深く考えてこなかったことも多くかかれている。人は、言葉以上のことをわかって欲しがっている。 …続きを読む
    Hiroko Ogino
    2020年05月14日
    17人がナイス!しています
  • 人生にとって重要な学びはふたつある。ひとつ目は、勉強をして、考える力を身につけること。ふたつ目は、自分の幸せに気づくこと。この事をしっかりと心にとめておきます。面白かったという言い方がいいのか分からな 人生にとって重要な学びはふたつある。ひとつ目は、勉強をして、考える力を身につけること。ふたつ目は、自分の幸せに気づくこと。この事をしっかりと心にとめておきます。面白かったという言い方がいいのか分からないですけど、こんなことを考えてるんだと知ることができ、とても良かったです。あんまり、まだ自閉症について知識が無い人にもっと読んでもらいたい本です。 …続きを読む
    なつポン
    2019年04月17日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品