跳びはねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えていること

関連作品有り

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041068991

関連作品有り

跳びはねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えていること

  • 著者 東田 直樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041068991

「どんな自分も、自分なのです」感動のベストセラーエッセイ待望の文庫化!

「僕は、二十二歳の自閉症者です。
僕の口から出る言葉は、奇声や雄叫び、意味のないひとりごとです。
普段しているこだわり行動や跳びはねる姿からは、僕がこんな文章を書くとは、誰にも想像できないでしょう」

会話ができない著者の「考える歓び」に満ちた清冽なエッセイ。
自分にとっての障害、人との絆、自然との一体感、かけがえのない幸福。
生きることの本質を捉えて大きな驚嘆と感動を呼んだベストセラー、待望の文庫化!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「跳びはねる思考 会話のできない自閉症の僕が考えていること」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 丸山さんの「ワンダフル・ライフ」にもあったけど、障がい者=知的障害ありというわけではない。東田さんの場合は自閉症で、知的な文章のエッセイの途中にインタビュー記事が挟まれ、突如関係ない(ように思われる) 丸山さんの「ワンダフル・ライフ」にもあったけど、障がい者=知的障害ありというわけではない。東田さんの場合は自閉症で、知的な文章のエッセイの途中にインタビュー記事が挟まれ、突如関係ない(ように思われる)言葉を繰り返したり、急に立ち上がりウロウロしたりする様子で、そういう行為に免疫がない私たちは驚いてしまうんだけど、そんな行動にもちゃんと理由がある。私は人間であることにこだわり過ぎているのかもしれない。もっとちゃんと自然の一部であることを意識し、植物や風や空と一体化するような感覚を研ぎ澄まさなければと思った。 …続きを読む
    mincharos
    2021年08月30日
    41人がナイス!しています
  • 自閉症の著者のエッセイとインタビュー。丁寧に感じたことや思考を重ねているエッセイがよかった。インタビューでは会話はできずに文字盤を指さし、突然立ち上がって窓際に行ってしまう様子も含めて書かれている。ど 自閉症の著者のエッセイとインタビュー。丁寧に感じたことや思考を重ねているエッセイがよかった。インタビューでは会話はできずに文字盤を指さし、突然立ち上がって窓際に行ってしまう様子も含めて書かれている。どうしようもない思考の執着や感情の起伏が平明な文章で書かれていると、そういったことで普通の生活が送れない悲しさが伝わってくる。ずっと青空を見ていたり、水の流れやタイヤの回転を見ている様子は、内面世界が豊かなのだろう。海外でも講演を行い聴衆について「どの国でも家族を思う気持ちは同じ」という言葉に胸を打たれる。 …続きを読む
    booklight
    2020年02月09日
    38人がナイス!しています
  • 会話もできないほど重度の自閉症を持ちながら、パソコンや文字盤ポインティングを使い、会話や文章を書く著者によるエッセイ。平易な文章ながら、著者の感性に”人生の在り方”を再認識させられる部分も多かった。 会話もできないほど重度の自閉症を持ちながら、パソコンや文字盤ポインティングを使い、会話や文章を書く著者によるエッセイ。平易な文章ながら、著者の感性に”人生の在り方”を再認識させられる部分も多かった。
    isry 2@積本消化中
    2022年02月27日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品