検事の信義

検事の信義

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年04月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041066577

検事の信義

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2019年04月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784041066577

累計40万部突破の「佐方貞人」シリーズ、6年ぶり最新刊!

作家デビュー10周年記念作品

映画化『孤狼の血』本屋大賞第2位『盤上の向日葵』の次は、これだ。
孤高の検事の男気と執念を描いた、心ふるわすリーガル・ミステリー!

任官5年目の検事・佐方貞人は、認知症だった母親を殺害して逮捕された息子・昌平の裁判を担当することになった。昌平は介護疲れから犯行に及んだと自供、事件は解決するかに見えた。しかし佐方は、遺体発見から逮捕まで「空白の2時間」があることに疑問を抱く。独自に聞き取りを進めると、やがて見えてきたのは昌平の意外な素顔だった……。(「信義を守る」)



作家デビュー10周年記念作品

映画化『孤狼の血』本屋大賞第2位『盤上の向日葵』の次は、これだ。
孤高の検事の男気と執念を描いた、心ふるわすリーガル・ミステリー!

任官5年目の検事・佐方貞人は、認知症だった母親を殺害して逮捕された息子・昌平の裁判を担当することになった。昌平は介護疲れから犯行に及んだと自供、事件は解決するかに見えた。しかし佐方は、遺体発見から逮捕まで「空白の2時間」があることに疑問を抱く。独自に聞き取りを進めると、やがて見えてきたのは昌平の意外な素顔だった……。(「信義を守る」)



※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「検事の信義」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 本日は、日帰り出張だったため、4作読めました。まずは第一弾、柚月裕子は、新作中心に読んでいる作家です。佐方貞人シリーズは、初読です。オススメは、中編の『信義を守る』です。他のシリーズ作品も機会を見つけ 本日は、日帰り出張だったため、4作読めました。まずは第一弾、柚月裕子は、新作中心に読んでいる作家です。佐方貞人シリーズは、初読です。オススメは、中編の『信義を守る』です。他のシリーズ作品も機会を見つけて読んでみたいと思います。 …続きを読む
    starbro
    2019年05月30日
    691人がナイス!しています
  • 「罪はまっとうに裁かれなければならない」佐方検事らしく信念を貫いた4編でした。単純な図式と思われた事件の裏に隠された真実を見つけ出し、弱者に寄り添う姿は本当に格好良い。介護殺人を描いた「信義を守る」は 「罪はまっとうに裁かれなければならない」佐方検事らしく信念を貫いた4編でした。単純な図式と思われた事件の裏に隠された真実を見つけ出し、弱者に寄り添う姿は本当に格好良い。介護殺人を描いた「信義を守る」は、その真骨頂で、涙がボロボロでした。彼のような検事がいるなら、もはや弁護士は要らないような気もします。「孤狼の血」の日岡刑事も友情出演(?)し、ファンにはたまらない一冊でした。組織の論理と自分の信念を貫くこととの葛藤、このシリーズを読むと、自分の仕事への取り組み方を考えさせられます。とっても面白かったです。 …続きを読む
    ウッディ
    2019年10月03日
    618人がナイス!しています
  • 米崎地検検事佐方貞人・・県下有数資家住居侵入強盗犯は被害者の非嫡出子だった。被害高級時計は形見だった。何故か無実の証明はせず裁判を望む(裁判を望む)覚醒剤取締法違反、二度の逮捕歴のある男の逮捕の端緒に 米崎地検検事佐方貞人・・県下有数資家住居侵入強盗犯は被害者の非嫡出子だった。被害高級時計は形見だった。何故か無実の証明はせず裁判を望む(裁判を望む)覚醒剤取締法違反、二度の逮捕歴のある男の逮捕の端緒になった証言に疑問を抱く、警察内部の人事抗争の影(恨みを刻む)故郷帰郷、宮島フェリーで同期広島高検検事と出会うが・・地元暴力団抗争の恐れに検察の正義を問う(正義を質す)認知症の母親を殺害した息子、遺体発見から逮捕までの「空白の二時間」(信義を守る)事実は真実ではない、真実の追及こそ信義。佐方の生き様に感動。 …続きを読む
    たっくん
    2020年05月05日
    571人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

柚月 裕子(ゆづき ゆうこ)

1968年岩手県生まれ。2010年に佐方貞人が初登場する『最後の証人』を発表し注目を集める。
16年『孤狼の血』で第69回日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門を受賞。

この著者の商品

最近チェックした商品