お茶壺道中

「これが将軍にお届けする。最後の御茶です」 注目の著者による、時代長編

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年03月04日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
344
ISBN:
9784041066102
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

お茶壺道中

「これが将軍にお届けする。最後の御茶です」 注目の著者による、時代長編

  • 著者 梶 よう子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年03月04日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
344
ISBN:
9784041066102

「これが将軍にお届けする。最後の御茶です」 注目の著者による、時代長編

移りゆく時代にあっても、変わらないものとは──。
将軍に献上される御茶を、毎年初夏に宇治から江戸へ運ぶ行列──御茶壷道中。その行列を見るのを楽しみにしている宇治出身の仁吉は、日本橋の葉茶屋・森山園の奉公人だ。
安政六年の今年も、間もなくその行列がやってこようとしていた。仁吉は十五歳になり大旦那太兵衛のもと元服を無事を終え「仁太郎」の名を与えられたが、孫娘で内儀のお徳は、なにかと彼に厳しくあたるのだった。そんな矢先、彼は、太兵衛に連れられて、旗本の阿部正外の屋敷を訪ねることになる──。阿部との出逢いが、日本一の葉茶屋を目指す仁太郎の人生を、大きく変えようとしていた。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「お茶壺道中」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 幕末を舞台に、お茶の商いに打ち込んだ男の生き方を描いた時代小説。主人公は幼名、仁吉、元服して仁太郎と名乗る葉茶屋の奉公人。お茶壺道中とは、将軍に献上される御茶を、宇治から江戸へ運ぶ行列で大名行列より権 幕末を舞台に、お茶の商いに打ち込んだ男の生き方を描いた時代小説。主人公は幼名、仁吉、元服して仁太郎と名乗る葉茶屋の奉公人。お茶壺道中とは、将軍に献上される御茶を、宇治から江戸へ運ぶ行列で大名行列より権威があったらしい。そんな説明が序盤にあり、その後、仁太郎は旗本の阿部正外の屋敷を訪ねた。それを機会に一流の葉茶屋を目指すことになる。激動の時代の変化を背景に、当時のお茶というものの扱いが丁寧に表現されていて、同時に仁太郎のお茶に対しての入れ込みがしっかりと描かれていた、親しみやすい時代小説だった。 …続きを読む
    のぶ
    2019年03月24日
    77人がナイス!しています
  • 江戸時代の末期宇治の茶葉農家に生まれた仁吉が、江戸の葉茶屋・森山園に奉公し、成長をしていく物語。幕末の混乱と世相をからめ面白く読了。 江戸時代の末期宇治の茶葉農家に生まれた仁吉が、江戸の葉茶屋・森山園に奉公し、成長をしていく物語。幕末の混乱と世相をからめ面白く読了。
    ゆみねこ
    2019年04月07日
    67人がナイス!しています
  • 「お茶壺道中」の言葉さえ知らなかった私。なんのことはない、幼い頃から意味も分からず唄ってきたわらべ歌のことじゃないか。ずいずいずっころばし~♪京のお茶が初摘みされて長い行列で東海道筋を江戸の将軍の元に 「お茶壺道中」の言葉さえ知らなかった私。なんのことはない、幼い頃から意味も分からず唄ってきたわらべ歌のことじゃないか。ずいずいずっころばし~♪京のお茶が初摘みされて長い行列で東海道筋を江戸の将軍の元に届けられる。この道中が大好きで江戸の茶葉屋に修行に入った仁吉がお茶への愛と、奉公心で番頭まで上りつめる物語。時は泰平の世から動乱の幕末にかけて、目線が違うと時代背景も異なるのが面白い。途中、京都の「寺田屋」でお龍さんが出るシーンはサービスなんだろうな。美味しいお煎茶を飲みたくなるような作品。 …続きを読む
    タイ子
    2019年05月18日
    49人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品