お茶壺道中

お茶壺道中

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年11月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041116463
label

お茶壺道中

  • 著者 梶 よう子
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2021年11月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041116463

お茶を愛する少年の成長と挑戦を描く、天下一の絶品時代長編!

優れた味覚を持つ仁吉少年は、〈森山園〉で日本一の葉茶屋を目指して奉公に励んでいた。ある日、大旦那の太兵衛に命じられ上得意である阿部正外の屋敷を訪ねると、そこには思いがけない出会いが待っていた。 優れた味覚を持つ仁吉少年は、〈森山園〉で日本一の葉茶屋を目指して奉公に励んでいた。ある日、大旦那の太兵衛に命じられ上得意である阿部正外の屋敷を訪ねると、そこには思いがけない出会いが待っていた。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「お茶壺道中」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 商人の心意気とお茶屋の矜持。 幕府御用達の宇治茶。京から江戸へお茶壺が駕籠とともに行列となって、静々と行く。泰平の世が変わりゆく様と、攘夷志士の反乱。 幕府存続が危ぶまれる中、戦乱の世の商いの困難さ。人 商人の心意気とお茶屋の矜持。 幕府御用達の宇治茶。京から江戸へお茶壺が駕籠とともに行列となって、静々と行く。泰平の世が変わりゆく様と、攘夷志士の反乱。 幕府存続が危ぶまれる中、戦乱の世の商いの困難さ。人々がお茶を求め喫するのは平和だからこそだと、しみじみ思った。 …続きを読む
    ここぽぽ
    2024年02月17日
    13人がナイス!しています
  • 宇治で生まれ育った仁吉はお茶壺道中を誇りに思っている。江戸日本橋の茶番屋〈森山園〉に奉公するが、優れた味覚と茶葉の知識により大旦那の太兵衛に可愛がられ、仁太郎と名前を貰う。 幕末の時代のうねりに翻弄さ 宇治で生まれ育った仁吉はお茶壺道中を誇りに思っている。江戸日本橋の茶番屋〈森山園〉に奉公するが、優れた味覚と茶葉の知識により大旦那の太兵衛に可愛がられ、仁太郎と名前を貰う。 幕末の時代のうねりに翻弄されながらも、ひたむきに茶葉の道を信じて進む仁太郎。 彼の成長と共に幕末の時代を感じられた。 …続きを読む
    ジャスミン
    2023年04月06日
    4人がナイス!しています
  • お茶好きとして読まねばと楽しみにしてた本。だったんだけど、読むスピードが上がらない… 宇治茶を扱う葉茶屋、森川園 森川園の奉公人、仁太郎は若くして手代になり宇治茶を森川園を守り抜くために奔走するおはなし お茶好きとして読まねばと楽しみにしてた本。だったんだけど、読むスピードが上がらない… 宇治茶を扱う葉茶屋、森川園 森川園の奉公人、仁太郎は若くして手代になり宇治茶を森川園を守り抜くために奔走するおはなし。 今では主流のブレンドが当時では斬新な方法だったのと、お茶と海苔のお店が誕生した理由とかそういう歴史を知れてよかった。 …続きを読む
    せいこ
    2023年02月27日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品