角川文庫

葵の月

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041077825
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

葵の月

  • 著者 梶 よう子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041077825

許婚だった男は、将軍を暗殺したのか──。注目の著者による傑作時代小説

西丸書院番組頭を務める立原家の娘、志津乃には、決して忘れることのできない男がいた。かつての許婚の坂木蒼馬は、西丸書院番士であったが、徳川家治の嗣子、家基の死を切っ掛けに突如出奔したのだ。彼を忘れられずにいる志津乃に対し、蒼馬の友人だった男は、蒼馬が家基の暗殺を疑われていることを告げるのだった――。蒼馬が出奔した真相を知るため、志津乃は彼を捜す決意をする。意外な真相が胸を打つ、傑作時代小説。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「葵の月」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • なかなか面白い構成の時代小説だった。全体の柱となるのは、十代将軍家治の子で将来の将軍を嘱望されていた、家基が鷹狩の後、突如体調を崩して亡くなった。それを連作風に各章で主人公を変え、事件を語らせていると なかなか面白い構成の時代小説だった。全体の柱となるのは、十代将軍家治の子で将来の将軍を嘱望されていた、家基が鷹狩の後、突如体調を崩して亡くなった。それを連作風に各章で主人公を変え、事件を語らせているという話。そうする事で事件が立体的に浮き上がってくる。その中でも中心になるのが、書院番士として家基に可愛がられていた坂木蒼馬が突然の出奔。 蒼馬の無事を祈る許嫁、志津乃は真相を探るべく行動を起こす。他の語り部から見る物語も面白い、事件の真相はどこにあるのか?時代ミステリーのような作品。 …続きを読む
    のぶ
    2019年05月01日
    66人がナイス!しています
  • 将軍家治の嫡子家基が鷹狩りで体調をくずし、そのまま亡くなってしまう。この事件により、志津乃の許嫁蒼馬が出奔し、父や継母の時世からは信吾郎との縁組みを進めようとするが…。章ごとに事件に関わる人物の目線で 将軍家治の嫡子家基が鷹狩りで体調をくずし、そのまま亡くなってしまう。この事件により、志津乃の許嫁蒼馬が出奔し、父や継母の時世からは信吾郎との縁組みを進めようとするが…。章ごとに事件に関わる人物の目線で話が進んでいくので、それぞれの立場がわかり易かったですが、武家のしきたりとはいえ遣りきれない思いがしました。 …続きを読む
    陽ちゃん
    2019年06月08日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品