角川文庫

葵の月

許婚だった男は、将軍を暗殺したのか──。注目の著者による傑作時代小説

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041077825
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

葵の月

許婚だった男は、将軍を暗殺したのか──。注目の著者による傑作時代小説

  • 著者 梶 よう子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041077825

許婚だった男は、将軍を暗殺したのか──。注目の著者による傑作時代小説

西丸書院番組頭を務める立原家の娘、志津乃には、決して忘れることのできない男がいた。かつての許婚の坂木蒼馬は、西丸書院番士であったが、徳川家治の嗣子、家基の死を切っ掛けに突如出奔したのだ。彼を忘れられずにいる志津乃に対し、蒼馬の友人だった男は、蒼馬が家基の暗殺を疑われていることを告げるのだった――。蒼馬が出奔した真相を知るため、志津乃は彼を捜す決意をする。意外な真相が胸を打つ、傑作時代小説。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

最近チェックした商品