試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年02月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784041063415

父と私の桜尾通り商店街

  • 著者 今村 夏子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年02月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784041063415

違和感を抱えて生きるすべての人へ。不器用な「私たち」の物語。

桜尾通り商店街の外れでパン屋を営む父と、娘の「私」。うまく立ち回ることがきず、商店街の人々からつまはじきにされていた二人だが、「私」がコッペパンをサンドイッチにして並べはじめたことで予想外の評判を呼んでしまい……。(「父と私の桜尾通り商店街」)
全国大会を目指すチアリーディングチームのなかで、誰よりも高く飛んだなるみ先輩。かつてのトップで、いまは見る影もないなるみ先輩にはある秘密があった。(「ひょうたんの精」)
平凡な日常は二転三転して驚きの結末へ。
『こちらあみ子』『あひる』『星の子』と、作品を発表するたびに読む者の心をざわめかせ続ける著者の、最新作品集!

収録作品
・白いセーター
・ルルちゃん
・ひょうたんの精
・せとのママの誕生日
・モグラハウスの扉(書き下ろし)
・父と私の桜尾通り商店街

メディアミックス情報

NEWS

「父と私の桜尾通り商店街」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • モヤモヤするというより、何かこうザワザワするというか…。だけど今村ワールドは、人の心をチクチク刺してきて、クセになるんだよね。実際に何編かは、このザワザワな感じの事が日常でありそうで、ありふれてそうな モヤモヤするというより、何かこうザワザワするというか…。だけど今村ワールドは、人の心をチクチク刺してきて、クセになるんだよね。実際に何編かは、このザワザワな感じの事が日常でありそうで、ありふれてそうなんだよね。今作は、ザワザワしている中にもちろん優しさあり、さらにユーモアも加わりクスリと笑えるところもありました。ひと癖ある今村ワールドに、またお邪魔したいですね。 …続きを読む
    しんごろ
    2019年04月03日
    368人がナイス!しています
  • ほのぼのとしたタイトルや装丁からのイメージと異なるざらっとした違和感をもたらす6つのストーリー。登場人物との感覚のズレと予想を裏切られる物語の展開が、この気持ち悪さを連れてくるような気がして、まるで、 ほのぼのとしたタイトルや装丁からのイメージと異なるざらっとした違和感をもたらす6つのストーリー。登場人物との感覚のズレと予想を裏切られる物語の展開が、この気持ち悪さを連れてくるような気がして、まるで、寝覚めの悪い夢を見ているようでした。特に、「せとのママの誕生日」が気持ち悪かった。なぜ、この作家はこんな物語を書こうと思ったのか、不思議なまでの収まりの悪さでした。ただ、スッキリとまとまった物語よりも、記憶に残る印象的な一冊にはなっていたような気がします。 …続きを読む
    ウッディ
    2019年07月20日
    283人がナイス!しています
  • 6編の短編を収録した短編小説集。違和感と不穏な感じという今村夏子さんの持ち味を味わえる。それぞれに文学空間になっていて、秀逸。この違和感は、現代的と言えば良いのか、それだけではないような気もする。文体 6編の短編を収録した短編小説集。違和感と不穏な感じという今村夏子さんの持ち味を味わえる。それぞれに文学空間になっていて、秀逸。この違和感は、現代的と言えば良いのか、それだけではないような気もする。文体は平易ながらも、独特な味わいを醸し出していて、それが個性になっている。今村さんの作品は個人的に好みで、積極的に読むようにしていて、本作も期待を裏切らない出来上り。前作の作品集『あひる』収録作のような作品を幾つか読みたい、と思っていたので、念願叶った思い。大柄な作品は作らない方かもしれないが、確かな個性。 …続きを読む
    抹茶モナカ
    2019年03月17日
    269人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

今村 夏子(いまむら なつこ)

1980年生まれ。2010年「あたらしい娘」で第26回太宰治賞を受賞し、デビュー。
16年には文学ムック「たべるのがおそい」に発表した「あひる」が第155回芥川賞候補となる。

最近チェックした商品