試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784041074435

あひる

  • 著者 今村 夏子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784041074435

読書界の話題をさらった芥川賞候補作「あひる」を含む、著者の第二作品集。

我が家にあひるがやってきた。知人から頼まれて飼うことになったあひるの名前は「のりたま」。娘のわたしは、2階の部屋にこもって資格試験の勉強をしている。あひるが来てから、近所の子どもたちが頻繁に遊びにくるようになった。喜んだ両親は子どもたちをのりたまと遊ばせるだけでなく、客間で宿題をさせたり、お菓子をふるまったりするようになる。しかし、のりたまが体調を崩し、動物病院へ運ばれていくと子どもたちはぱったりとこなくなってしまった。2週間後、帰ってきたのりたまは、なぜか以前よりも小さくなっていて……。なにげない日常に潜む違和感と不安をユーモラスに切り取った、河合隼雄物語賞受賞作。
解説「今村夏子は何について書いているのか」(西崎憲)収録。

メディアミックス情報

NEWS

「あひる」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • なんだか不思議にぞわぞわさせられる、初読み作家さんによる「家族小説」。あひるは何かのメタファーなのか。新興宗教(おそらく)にハマってる母親、元ヤンで家族に暴力を振るったりもしたけれど、今は結婚して別居 なんだか不思議にぞわぞわさせられる、初読み作家さんによる「家族小説」。あひるは何かのメタファーなのか。新興宗教(おそらく)にハマってる母親、元ヤンで家族に暴力を振るったりもしたけれど、今は結婚して別居する弟、資格試験に通らず、いつまでも実家暮らしの「わたし」と、ここでも影の薄い父親。どこにでもありそうで、やっぱり歪(ひず)んでいる家族。読後感は明るくない、、、がクセになりそうな作家さんである。 …続きを読む
    ミカママ
    2019年11月09日
    521人がナイス!しています
  • 病院から戻って来たのはのりたまじゃなかった。家族のだれも口にしないし、平然とふるまうことに戸惑いながらも一つの命が消えたことを自分もなかったことにしてしまう。そして二羽めのときも無言の同調をしてしまう 病院から戻って来たのはのりたまじゃなかった。家族のだれも口にしないし、平然とふるまうことに戸惑いながらも一つの命が消えたことを自分もなかったことにしてしまう。そして二羽めのときも無言の同調をしてしまう。何でもない日常の中、よくよく考えれば怖いことなのにやり過ごすことがあるという作者の観点や感性に感じ入るものがあった。小さい頃、ブリキのロボットが壊れて泣いたら叔父が新しいおもちゃを持って来てくれた。愛着があったロボットは埋葬のつもりだったか土に埋めてそしてすぐに忘れた。物と生き物の違いはとても大きな違いだ。 …続きを読む
    ケンイチミズバ
    2019年02月12日
    223人がナイス!しています
  • 今村は何を描き、独自の世界観をどう解釈する?児童文学でホラーで純文学?自分の存在は誰かの代役?家にアヒルが来た。【のりたま】と名前を付け元鶏小屋で飼う。近所の子どもたちの人気者になり毎日多くの子が来る 今村は何を描き、独自の世界観をどう解釈する?児童文学でホラーで純文学?自分の存在は誰かの代役?家にアヒルが来た。【のりたま】と名前を付け元鶏小屋で飼う。近所の子どもたちの人気者になり毎日多くの子が来る。やがて体調不良に・・・誕生日のカレーは【朝顔に釣瓶とられてもらひ水】の世界。語り手は異世界の住人?短く平易な文章だが、読めば深さと怖さが分かる。「おばあちゃんの家」「森の兄妹」を併録。この両作品は繋がっている。今村の作品世界は、どこを見ても実験的。最先端の小説はこうなのか。155回芥川賞候補(後述)。 …続きを読む
    zero1
    2019年11月01日
    188人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

今村 夏子(いまむら なつこ)

1980年生まれ。2010年「あたらしい娘」で第26回太宰治賞を受賞し、デビュー。
16年には文学ムック「たべるのがおそい」に発表した「あひる」が第155回芥川賞候補となる。

最近チェックした商品