父と私の桜尾通り商店街

父と私の桜尾通り商店街

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年01月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041118962
label

父と私の桜尾通り商店街

  • 著者 今村 夏子
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2022年01月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041118962

違和感を抱えて生きるすべての人へ。不器用な「私たち」の物語。

店を畳む決意をしたパン屋の父と私。引退後の計画も立てていたのに、最後の営業が予想外の評判を呼んでしまい――。日常から外れていく不穏とユーモア。今村ワールド全開の作品集! 店を畳む決意をしたパン屋の父と私。引退後の計画も立てていたのに、最後の営業が予想外の評判を呼んでしまい――。日常から外れていく不穏とユーモア。今村ワールド全開の作品集!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「父と私の桜尾通り商店街」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 7篇からなる短篇集。今村さんの著書は『とんこつQ&A』に続いての2冊目ですが「これが彼女の作風なんですね」と断定して良さそうな。狂気の短篇集だっただよ。一見普通の人々の様に見えるのですけど、微妙に歯車が巧 7篇からなる短篇集。今村さんの著書は『とんこつQ&A』に続いての2冊目ですが「これが彼女の作風なんですね」と断定して良さそうな。狂気の短篇集だっただよ。一見普通の人々の様に見えるのですけど、微妙に歯車が巧く噛み合わない感じ。静かに不協和を起こしている様で、心の奥底で鳴り響く感じがするよ。何がとズバリ指摘できないけど、凄く気味が悪くて落ち着かない感じがしたり。そもそも存在し得ないシチュエーションを、恰も現実世界の話の様に書き表したり。感性が独特過ぎる世界観だったり。癖になりそうです。 …続きを読む
    mae.dat
    2023年02月21日
    268人がナイス!しています
  • 一見普通の人たちのありふれた日常のエピソードが、ちょっとずつズレや違和感を増しながらだんだん狂気じみていく感じがたまらない。こういうの大好き。クセになります。 一見普通の人たちのありふれた日常のエピソードが、ちょっとずつズレや違和感を増しながらだんだん狂気じみていく感じがたまらない。こういうの大好き。クセになります。
    シナモン
    2022年11月15日
    127人がナイス!しています
  • 商店街の端にある父と私のパン屋は、母の不祥事が元で組合から抜け、開店休業状態だ。閉店を決めた矢先に現れた、新しいパン屋の女主人。彼女が来てから優しい奇跡が起きる。商店街に出口も入り口もない。和やかな人 商店街の端にある父と私のパン屋は、母の不祥事が元で組合から抜け、開店休業状態だ。閉店を決めた矢先に現れた、新しいパン屋の女主人。彼女が来てから優しい奇跡が起きる。商店街に出口も入り口もない。和やかな人情が溢れ、優しい気持ちになれる短編集。フィアンセとの細やかな情愛「白いセーター」、チアリーダーなるみ先輩の秘密「ひょうたんの精」、スナックで働く女性たちとママの絆「せとのママの誕生日」、児童館の無垢なみっこ先生「モグラハウスの扉」、不思議な出来事が人と人をつなぐ。「冬の夜」のおばあちゃんがちょっと心配だ。 …続きを読む
    エドワード
    2022年02月03日
    110人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品