マルクス 資本論 シリーズ世界の思想

マルクス 資本論 シリーズ世界の思想 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2018年07月20日
商品形態:
電子書籍

マルクス 資本論 シリーズ世界の思想

  • 著者 佐々木 隆治
発売日:
2018年07月20日
商品形態:
電子書籍

世界市場とは何か、その変化とは何か?

経済の停滞、政治の空洞化……資本主義が大きな転換点を迎えている今、マルクスの本文に立ち返りこの世界の仕組みを解き明かす。本文の抜粋と丁寧な解説で読む、画期的な『資本論』解説書。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「マルクス 資本論 シリーズ世界の思想」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 比較的若い著者による資本論の解説書。 労働力の価値は労働力維持のため必要な生活手段の価値である(P231) 生産手段を持たない人間は、生涯労働に従事せざるを得ないのか。 資本主義のカラクリとは。 エン 比較的若い著者による資本論の解説書。 労働力の価値は労働力維持のため必要な生活手段の価値である(P231) 生産手段を持たない人間は、生涯労働に従事せざるを得ないのか。 資本主義のカラクリとは。 エンゲルスは優れた学者だ。 …続きを読む
    Happy Like a Honeybee
    2021年04月23日
    7人がナイス!しています
  • 恥ずかしながら未読だったので。難解だが、やはり読んでおくべき本。 恥ずかしながら未読だったので。難解だが、やはり読んでおくべき本。
    Hiroo Shimoda
    2019年03月03日
    4人がナイス!しています
  • 資本主義が揺れているこの時代に、約150年前に刊行されたこの大著の片鱗に触れることができてよかった。人間が資本に振り回される構造を少しは理解できた気がする。「資本論」そのものを読むにはまだ努力が必要だ 資本主義が揺れているこの時代に、約150年前に刊行されたこの大著の片鱗に触れることができてよかった。人間が資本に振り回される構造を少しは理解できた気がする。「資本論」そのものを読むにはまだ努力が必要だと思うが、「資本論こそは、資本主義社会の中で自由を奪われ、差別され、苦しんでいる労働者や社会的マイノリティが手に取ることができる最強の理論的武器なのだ」という著者のことばは覚えておきたい。 …続きを読む
    きおくあたま
    2018年10月27日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品