ホッブズ リヴァイアサン シリーズ世界の思想

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年02月16日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
336
ISBN:
9784047036512

ホッブズ リヴァイアサン シリーズ世界の思想

  • 著者 梅田 百合香
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年02月16日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
336
ISBN:
9784047036512

『リヴァイアサン』は、平和と秩序を維持するための真の政治哲学書である。

国家の役割や主権が議論されるとき、必ずといっていいほど取り上げられる政治学の名著『リヴァイアサン』。しかし、日本では「万人の万人に対する闘争」の部分のみが広く有名になり、ステレオタイプ化されている。専門家によって近年飛躍的に解明されてきた作品後半の宗教論・教会論と政治哲学の関係をふまえて全体の要点を読み直し、従来の作品像を刷新。近代政治を学び平和と秩序を捉え直す、解説書の決定版!

「人間の欲望やその他の情念は、それ自体としては罪ではない」

――近代政治哲学の創始『リヴァイアサン』――
一五八八年、イングランド南西部に生まれたホッブズ。彼は政治権力と教会権力の争いによって内乱が起きるなかで、この問題の処方箋は他国にも通用する普遍的なものと考え『市民論』を執筆。さらに教会権力批判を強めて著したのが『リヴァイアサン』である。

【目次】
序論
第一部 人間について
第二部 国家について
第三部 キリスト教の国家について
第四部 闇の王国について
総括と結論
 年譜・文献案内・索引

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ホッブズ リヴァイアサン シリーズ世界の思想」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 入門書なのだが、平易な言葉で解説していくのではなく、『リヴァイアサン』の抜粋の訳文を載せ、それに対して適宜解説が入るという形式。なので、入門書としては難しい一方で、研究書としては物足りない。本書の狙い 入門書なのだが、平易な言葉で解説していくのではなく、『リヴァイアサン』の抜粋の訳文を載せ、それに対して適宜解説が入るという形式。なので、入門書としては難しい一方で、研究書としては物足りない。本書の狙いは明白で、『リヴァイアサン』後半の宗教に関する記述をもっときちんと読みたいということ。だが、『リヴァイアサン』自体の構成が複雑であるため、それに振り回されると結局何が言いたいのかはもともとわかってる人以外にはよくわからないのではないか。抜粋と解説という形式がわかりにくさを作ってしまったと感じる。 …続きを読む
    左手爆弾
    2022年02月17日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品