角川選書

シリーズ世界の思想 プラトン ソクラテスの弁明

西洋の哲学はここからスタートした。古代ギリシア哲学入門として必読の書。

  • 著者 岸見 一郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年08月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784047036369
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川選書

シリーズ世界の思想 プラトン ソクラテスの弁明

西洋の哲学はここからスタートした。古代ギリシア哲学入門として必読の書。

  • 著者 岸見 一郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年08月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
216
ISBN:
9784047036369

西洋の哲学はここからスタートした。古代ギリシア哲学入門として必読の書。

古代ギリシアを代表する哲学者ソクラテス。
その生涯は刑死という衝撃的な最期を迎えたが、その裁判の一部始終をプラトンが記録したのが『ソクラテスの弁明』である。誰よりも正義の人であったソクラテスが裁判で何を語ったかを伝えることで、彼の生き方を明らかにした名著。

幸福であるためには、何が自分にとって善であるかを知っていなければならない。これが知恵や真実を求める意味であり、この意味での善悪の知が魂を優れたものにするーー。古代ギリシア哲学の白眉ともいえる『ソクラテスの弁明』の全文を新訳とわかりやすい新解説で読み解く。「徳」と訳されるアレテーなどギリシャ哲学の概念にも触れつつ、ソクラテスの言動や思想を通して哲学とは何かに迫る。

この著者の商品

最近チェックした商品