試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコカド祭り2020
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年07月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784044003821
ニコカド祭り2020

老後に備えない生き方

  • 著者 岸見 一郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年07月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784044003821

今できることをして先送りにしない。老い、死にとらわれない哲学入門。

老後に備えない? 誰だって備えているではないか。たちまち反論されるだろう。一体、どういう意味なのか。これからの人生が長いと感じられたら幸せなのかといえば、これも自明ではない。嫌な仕事をしている時は、時間はなかなか経たない。時計が止まってしまったかのように思う。反対に、楽しい時間は、なぜこんなに早く過ぎるのかと思う。そうすると、これからの人生が短いと思うことが不幸であるとはいえない。
実のところ、直近の未来ですら何が起こるかわからない。平均寿命は伸びたけれども、それは一般的な話であって、自分がはたして後何年生きられるかはわからない。 そうすると、これからの人生計画を立てることは必要かというより、立てられないというのが本当である。どうすればいいのか、ギリシア哲学の専門家がアドラー心理学も駆使しながらよりよく生きる人生を考察する。

もくじ

第1章 未来と過去を手放す 
未来を手放そう/過去を手放そう

第2章 他者との関係
感情とどう向き合うか/課題の分離と協力/人に頼ろう/生きていることがありがたい
後世に勇気を残そう/よい関係であるために/よい意図を見つけよう


第3章 病気、老い、死から自由になる
深刻にならない/病気と向き合う/病者と向き合う/他者の死をどう受け止めるか
自分の死とどう向き合うか

第4章 他者との共生
自分と他者を分別しない/答えの出ないことがある/知らないことを知る
他者との共生/他者に生かされる

第5章 未来、変化、これから
変化を恐れない/心豊かに生きよう/持てないものを手放そう
過去を変えよう/人はいつでも変われる/それでも変わらない私/今を生きる

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「老後に備えない生き方」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 哲学:常識的な考え方を自明とせず疑う・具体的に考える 人生を先送りしない 人生計画:立てられず 対人関係:今決めればいい 必要とされていな恐れ→小言をいう批評家 生きていることがありがたい=原点に加点 哲学:常識的な考え方を自明とせず疑う・具体的に考える 人生を先送りしない 人生計画:立てられず 対人関係:今決めればいい 必要とされていな恐れ→小言をいう批評家 生きていることがありがたい=原点に加点 目覚め生きてい→本当に幸せ エピクテトス:自分の権内にないことについては忍従の他はない アリストテレス・運動:キーネーシス・動とエネルゲイア・現実活動態 エネルゲイア:なしつつある=なしてしまった 人生設計:エネルゲイア・今ここを生きる 行為者・actor 幸福:各人においてオリジナル 行動を改善する:今日 …続きを読む
    Go Extreme
    2020年09月06日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品