マルクス 資本論 シリーズ世界の思想

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年07月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
568
ISBN:
9784047036284

マルクス 資本論 シリーズ世界の思想

  • 著者 佐々木 隆治
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年07月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
568
ISBN:
9784047036284

世界市場とは何か、その変化とは何か?

今、資本主義が大きな転換点を迎えている。経済の停滞、政治の空洞化…苦しみを乗り越えて新しい社会を作るとき、『資本論』は、誰にでも手に取ることのできる「最強の理論的武器」となりうる。マルクスのテキストに立ち返り、『資本論』への誤解を解き、この世界の仕組みを根底からひもとく。長大な原文のキモとなる箇所を抜粋、難解な部分は徹底的に噛み砕いて解説し、随所に読解の勘所を指し示した、画期的な入門書。

【目次】
はじめに
人と作品
◆第一篇 商品と貨幣  
◆第二篇 貨幣の資本への転化
◆第三篇 絶対的剰余価値の生産
◆第四篇 相対的剰余価値の生産  
◆第五篇 絶対的および相対的剰余価値の生産  
◆第六篇 労賃  
◆第七篇 資本の蓄積過程
コラム1 哲学と『資本論』  
コラム2 エンゲルスと『資本論』  
コラム3 『資本論』第二巻と第三巻  
コラム4 文学と『資本論』  
コラム5 『資本論』第一巻以降のマルクス  
『資本論』関連年表  
あとがき 『資本論』を読むための文献案内  
索引  


メディアミックス情報

NEWS

「マルクス 資本論 シリーズ世界の思想」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 恥ずかしながら未読だったので。難解だが、やはり読んでおくべき本。 恥ずかしながら未読だったので。難解だが、やはり読んでおくべき本。
    Hiroo Shimoda
    2019年03月03日
    4人がナイス!しています
  • マルクス自身の、批判などは少なからずありますが、あくまで決定的にこれが悪とか善だとかではなく、それがなるようにして、必然的に出てくるものとして構造を分析する姿勢は参考になりました。物事の本質を探るには マルクス自身の、批判などは少なからずありますが、あくまで決定的にこれが悪とか善だとかではなく、それがなるようにして、必然的に出てくるものとして構造を分析する姿勢は参考になりました。物事の本質を探るには、あらゆる面からの考察が可能ですが、マルクス主義のように社会の構造から世界の本質を知ることも大変重要だと思います。 …続きを読む
    ペパミン
    2019年07月08日
    2人がナイス!しています
  • 現代の社会にも通じる問題意識が書かれているのはもちろんだが、人と資源の関係という自分がダイレクトに関心を持つテーマについても触れられていた。まずはざっと読んだのでじっくり読み解いていこう。 現代の社会にも通じる問題意識が書かれているのはもちろんだが、人と資源の関係という自分がダイレクトに関心を持つテーマについても触れられていた。まずはざっと読んだのでじっくり読み解いていこう。
    サメ社会学者Ricky
    2019年03月16日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品