杜子春 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2017年10月25日
商品形態:
電子書籍

杜子春

  • 著者 芥川 龍之介
発売日:
2017年10月25日
商品形態:
電子書籍

芥川の代表作「杜子春」他17篇を収めた珠玉の短篇集

人間らしさを問う「杜子春」、梅毒に冒された15歳の南京の娼婦を描く「南京の基督」他、姉妹と従兄の三角関係を叙情とともに描く「秋」など、大正9年の作品計17編を収録。

(C)KAMAWANU CO.,LTD.All Rights Reserved

※本作品は電子書籍化にあたり、紙本に含まれていた次の要素を削除しております。
〈作品解説 三好 行雄〉

メディアミックス情報

NEWS

「杜子春」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 杜子春は帯にあった「人間というものに愛想がつきたのです。」が印象的だった。17編の短編とエッセイで印象的だったのは「南京の基督」と「素戔嗚尊」様々なことに造詣の深い作家だと改めて思った。2017-18 杜子春は帯にあった「人間というものに愛想がつきたのです。」が印象的だった。17編の短編とエッセイで印象的だったのは「南京の基督」と「素戔嗚尊」様々なことに造詣の深い作家だと改めて思った。2017-189 …続きを読む
    万葉語り
    2017年12月06日
    38人がナイス!しています
  • 小説11篇と若干の小品・随筆。試し読みの「秋」にそそられて購入。転機の短篇集らしい。特に「秋」は、芥川の歴史物から現代物への転機を図った作らしい。従兄弟を挟む姉妹をキリリとした明晰な文体で抒情には溺れ 小説11篇と若干の小品・随筆。試し読みの「秋」にそそられて購入。転機の短篇集らしい。特に「秋」は、芥川の歴史物から現代物への転機を図った作らしい。従兄弟を挟む姉妹をキリリとした明晰な文体で抒情には溺れず余韻を残して描いているようだ。文学の才を犠牲にして、寡婦の母の家計を思いやり、惹かれ合う従兄弟を妹に譲り、女学校卒業後、突然、平凡な男と結婚した姉信子。作者は登場人物から遠くに居ながら、読者を彼等の近くに送り込むのは知の力なのか。たゆたう三角関係。⇒ …続きを読む
    mitu
    2018年09月17日
    32人がナイス!しています
  • 「日本近代文学の起源」を読んだ時、芥川と谷崎の間に起こった「『話』のない小説論争」の事が書いてあったので、芥川を読む。柄谷はこの論争で「話」が指しているものが両者で食い違っており、むしろこの論争は、中 「日本近代文学の起源」を読んだ時、芥川と谷崎の間に起こった「『話』のない小説論争」の事が書いてあったので、芥川を読む。柄谷はこの論争で「話」が指しているものが両者で食い違っており、むしろこの論争は、中心性を持たないことへの立場の近さを示しているということなのだが。この芥川本のコンセプトはわかりやすくて、大正9年の3月から10月に書かれたものがほとんどである。大正8年に作家の危機として、同じようなものの繰り返しに陥った芥川が、転機を測って脱出を試みた時期らしい。クリアカットの文は不変のようだけど。 …続きを読む
    mm
    2018年09月04日
    26人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品