平城京

3年で日本史上最大の引っ越しを完遂せよ。青年が家の再興を賭けて挑む!

  • 著者 安部 龍太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年05月31日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
416
ISBN:
9784041058497
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

平城京

3年で日本史上最大の引っ越しを完遂せよ。青年が家の再興を賭けて挑む!

  • 著者 安部 龍太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年05月31日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
416
ISBN:
9784041058497

3年で日本史上最大の引っ越しを完遂せよ。青年が家の再興を賭けて挑む!

遣唐使船の船長だった阿倍船人(あべの・ふなびと)は、ある事件により朝廷より処罰をうけて草香津に逼塞していた。そこへ、七年ぶりに再会した兄・宿奈麻呂(すくなまろ)から新都造営の手助けをしてほしいと、打診を受ける。たった三年で、唐の長安に並ぶ新都を奈良に――これは朝廷一の実力者・藤原不比等(ふじわらの・ふひと)からの必達の命だった。失敗すれば大きな責任を問われる難事業だったが、白村江の戦い以来冷遇されてきた阿倍家再興を誓う兄を助けるため、船人は引き受けることに。行基衆の手助けなどもあり、着々と準備を進めるが、朝廷では遷都推進派と反対派の対立が激化。造営予定地の立ち退きを巡り、死者まで出てしまう。事件の黒幕について、船人はある疑念を抱くが……。

トピックス

著者紹介

安部 龍太郎

1955年福岡生まれ。90年『血の日本史』で大きな注目を集める。
2005年『天馬、翔ける』で中山義秀文学賞、13年『等伯』で直木賞、16年歴史時代作家クラブ賞(実績功労賞)を受賞。

最近チェックした商品