試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041017746

佐和山炎上

  • 著者 安部 龍太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041017746

逆境に立たされた男たちを描いた、感動の歴史小説

佐和山城で石田三成の三男・八郎に講義をしていた八十島庄次郎は、三成が関ヶ原で破れことを知る。家康に城が攻め込まれるのも時間の問題…はたして、庄次郎の取った行動とは……。(『忠直卿御座船』改題)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「佐和山炎上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 9篇からなる短編集。時代背景は戦国から幕末迄バラバラ。一番面白かったのは題名の通り『佐和山炎上』関ヶ原直後の石田家、及び佐和山城の様子が描かれてますが、佐和山城を詳しくそして短編で書かれた方はいないん 9篇からなる短編集。時代背景は戦国から幕末迄バラバラ。一番面白かったのは題名の通り『佐和山炎上』関ヶ原直後の石田家、及び佐和山城の様子が描かれてますが、佐和山城を詳しくそして短編で書かれた方はいないんじゃ無いか?と思う位佐和山城について詳細が分かる内容になってます。文体は…其々好みがあるからなぁ…もし読みやすかったら、同作者『冬を待つ城』をオススメします👍 …続きを読む
    如水
    2019年07月30日
    26人がナイス!しています
  • 等伯で直木賞を受賞された安部先生の作品連作短編集です。歴史にタラレバは禁物ですが、どの物語の主人公も、もし違う時代に生まれていれば全然違う人生があったんではないかと考えざるを終えないお話ばかりでした。 等伯で直木賞を受賞された安部先生の作品連作短編集です。歴史にタラレバは禁物ですが、どの物語の主人公も、もし違う時代に生まれていれば全然違う人生があったんではないかと考えざるを終えないお話ばかりでした。時代という怪物の恐ろしさを改めて思い知らされました。 …続きを読む
    ウィズ
    2015年05月17日
    14人がナイス!しています
  • 安部さんは文調が作品ごとにガラっと変えるのでおもしろい。短編集だとそういう良さが出るから、アンソロジー感覚で読み進められた。その反面馴染みのない設定の作品は入り込むのが難しいなあ、読み手の問題かもしれ 安部さんは文調が作品ごとにガラっと変えるのでおもしろい。短編集だとそういう良さが出るから、アンソロジー感覚で読み進められた。その反面馴染みのない設定の作品は入り込むのが難しいなあ、読み手の問題かもしれないが・・・ …続きを読む
    舞人(maito)
    2017年09月12日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品