試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041057339

山の霊異記 赤いヤッケの男

  • 著者 安曇 潤平
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041057339

夜中の野営地、吹雪のテント……。山が「異界」に変貌するとき恐怖が訪れる

赤いヤッケを着た遭難者を救助したため遭遇した怪異、山の空き地にポツリと置かれた大きなザックから夜出てくるモノ……自らも登山を行う著者が、山で訊き集めた数々の怪談実話。新たな書き下ろし2篇収録。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「山の霊異記 赤いヤッケの男」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 山登りが趣味の著者が自ら体験したことや、人から聞いた山にまつわる不思議な話を集めた短編集。これが山ではなく里(町)で起きたことなら完全な怪談話でしょう。怖いけど怨念とか復讐とか感じられない山での出来事 山登りが趣味の著者が自ら体験したことや、人から聞いた山にまつわる不思議な話を集めた短編集。これが山ではなく里(町)で起きたことなら完全な怪談話でしょう。怖いけど怨念とか復讐とか感じられない山での出来事は死者への哀悼もこもっているからか何故か温かくなる、哀しくなるような読後です。こういう事ってあるんだろうなぁって思わせるのも世間から離れた山岳だからでしょうね。シリーズ化されてるのでもっと読みたくなりました。 …続きを読む
    タイ子
    2019年08月04日
    59人がナイス!しています
  • さっき抜かれた人なのにふと顔を上げるともう見当たらない。一人きりになってしまう山の午後。あれ、そんなに距離開いたかなと歩いていると、後ろでガサっゴソっと音が聞こえる。振り返って見ても誰も居ない…だから さっき抜かれた人なのにふと顔を上げるともう見当たらない。一人きりになってしまう山の午後。あれ、そんなに距離開いたかなと歩いていると、後ろでガサっゴソっと音が聞こえる。振り返って見ても誰も居ない…だから俺はトレッキングポールを手離せない。お山には何かあると思わせる28編のお話でした。ケルンを見かけたら石を積んで歩きたいです(^^; …続きを読む
    goro@81.7
    2018年04月29日
    53人がナイス!しています
  • 実は若い頃山登りを齧ってました、安曇さんの言う処のクライマーではありませんでしたが。山登りする人に悪い奴はいないとか言いますが、山の霊はおっかない。異界だからかな。確かに明かりひとつない山の夜の静寂、 実は若い頃山登りを齧ってました、安曇さんの言う処のクライマーではありませんでしたが。山登りする人に悪い奴はいないとか言いますが、山の霊はおっかない。異界だからかな。確かに明かりひとつない山の夜の静寂、下手したら周辺なんキロにひとりぼっちって・・・怖い環境に挑んでいるわけで。不気味な体験したこともあったっけ・・・。とりあえず山登りは遠慮したくなりました。 …続きを読む
    眠る山猫屋
    2018年08月09日
    39人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品