試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041083239

山の霊異記 霧中の幻影

  • 著者 安曇 潤平
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041083239

山岳怪談実話の名手による、山の霊気に満ちた本当に怖い怪談集

霧の山道で背後からついてくる操り人形のような女性、登山中になぜか豹変した友人の態度、死ぬ人の顔が見えるという三枚鏡。登山者や山に関わる人々から聞き集めた怪異と恐怖を厳しい自然とともに活写する。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「山の霊異記 霧中の幻影」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「秘湯の夜」の「正体不明は、最後まで正体不明。それでいいじゃないですか」が山の怪談の本質なのかな。でも正体不明のままだと、ちょっと怖いものもある。 「秘湯の夜」の「正体不明は、最後まで正体不明。それでいいじゃないですか」が山の怪談の本質なのかな。でも正体不明のままだと、ちょっと怖いものもある。
    てんつく
    2019年12月18日
    22人がナイス!しています
  • 山は怪異の起きやすい場所、興味があるのでいつか是非読みたいと思っていた。山は昔から信仰の対象になっているだけに、何処か不思議な感覚がある。霊的なのか、山の雰囲気がそう思わせるのか、16編の中にはゾクっ 山は怪異の起きやすい場所、興味があるのでいつか是非読みたいと思っていた。山は昔から信仰の対象になっているだけに、何処か不思議な感覚がある。霊的なのか、山の雰囲気がそう思わせるのか、16編の中にはゾクっとする話もあれば、何処か懐かしく温かい気持ちになる話もあった。人は文明の利器に頼れなくなると、不安になり怪異を感じるらしい。心霊本のようで、昔は山やそれに添う自然と近くで生きていた時代の人々の、忘れてしまった感覚を思い出させてもらえる話しのようでした。花が沢山出てくるので、是非検索しながら読んでほしいです。 …続きを読む
    稲荷
    2019年12月02日
    16人がナイス!しています
  • 安曇潤平氏の人気シリーズ『山の霊異記』の新作が待望の文庫化! という事で、早速購入した『山の霊異記 ~霧中の幻影~』を読了。これはシリーズ通算4冊目に当たり、いよいよ書きこなれてきた山歩きの美しくも厳 安曇潤平氏の人気シリーズ『山の霊異記』の新作が待望の文庫化! という事で、早速購入した『山の霊異記 ~霧中の幻影~』を読了。これはシリーズ通算4冊目に当たり、いよいよ書きこなれてきた山歩きの美しくも厳しい情景と、そこで起こる不気味で不思議で、それでいてどこか人知を越えた神々しさすら感じる怪異譚が配分良く語られる。 …続きを読む
    みんち
    2019年08月10日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品