山の霊異記 霧中の幻影

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年07月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784041044742

山の霊異記 霧中の幻影

  • 著者 安曇 潤平
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年07月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784041044742

山岳怪談実話の名手による、山の霊気に満ちた怪談集

霧の山道で背後からついてくる操り人形のような女性、登山中になぜか豹変した友人の態度、「死ぬ人の顔が見える」という三枚鏡……。登山者や山に関わる人々から聞き集めた怪異と恐怖を厳しい自然とともに活写する。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「山の霊異記 霧中の幻影」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 実話怪談を離れ、完全に山を舞台とした怪談小説になっている。でも最近の実話怪談では削ぎ落とされている描写の数々、山中や里のそれは読んでいて何とも心地よい。怪談としては微妙な話も多いが、山を楽しむ小説とし 実話怪談を離れ、完全に山を舞台とした怪談小説になっている。でも最近の実話怪談では削ぎ落とされている描写の数々、山中や里のそれは読んでいて何とも心地よい。怪談としては微妙な話も多いが、山を楽しむ小説としてはむしろ現在の流行から離れた浮世離れしたような、こういう話の方が相応しいのかもしれない。特に「河童淵」等は昔訪れた遠野の風景が幻想を包み込むように懐かしく思い出されたし、山の描写の数々は最近登山を始めた身として何とも誘い込まれるように感じた。怖かったのは何といっても「ぼくちゃん」、サイコホラーでしょ、コレ。 …続きを読む
    HANA
    2016年07月20日
    56人がナイス!しています
  • 私にとって安曇さんのお話は山の物語です。実際には大変な登山の辛さがさらりと書かれているところが良い。『急登を30分ほど頑張ると』なんてあると、自分でも登れる気がしてきます(笑)。あ、一応怪談なんですよ 私にとって安曇さんのお話は山の物語です。実際には大変な登山の辛さがさらりと書かれているところが良い。『急登を30分ほど頑張ると』なんてあると、自分でも登れる気がしてきます(笑)。あ、一応怪談なんですよね。強いて言えば「付きまとう女」はイヤです。それから確かに行って飲み食いしたのに、後日知り合いが探してもその店が見つからないといった、狐狸に化かされたような体験談が多いのも安曇怪談の特徴ですね。一番派手だったのは「霧中の幻影」。蛇を虐めるのはやめましょう。 …続きを読む
    ネムコ
    2017年04月04日
    48人がナイス!しています
  • 最近、怪談物ばかり読んでいるからか、怖さを感じずに読了…。怖さに麻痺してるんだろうか。山に登ることはある意味、命がけだから、あちらと繋がりやすいのかな… 最近、怪談物ばかり読んでいるからか、怖さを感じずに読了…。怖さに麻痺してるんだろうか。山に登ることはある意味、命がけだから、あちらと繋がりやすいのかな…
    ナディ
    2018年03月29日
    41人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品