試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041093047

山の霊異記 ケルンは語らず

  • 著者 安曇 潤平
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041093047

山岳怪談の第一人者が臨場感たっぷりにつづる山の不思議譚

山の空気を堪能する母娘の後をつけてくる黒い影、山登りの最中に知人からかかってきた電話に隠された秘密、暴風雨の夜テント泊の男性が遭遇した恐怖。山という場所の魅力と恐怖を畏怖の念とともに描きだす。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「山の霊異記 ケルンは語らず」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「鈴の音」と「ブランコ」が色んな意味で怖い。 「鈴の音」と「ブランコ」が色んな意味で怖い。
    てんつく
    2020年08月19日
    22人がナイス!しています
  • 怖さに邪悪さを感じる「悪い人」「最後の日記」は本書の中でも特に怖い。夜読んじゃダメよ。 怖さに邪悪さを感じる「悪い人」「最後の日記」は本書の中でも特に怖い。夜読んじゃダメよ。
    キャッスルロック
    2020年08月08日
    4人がナイス!しています
  • 怖いぃ…。鳥肌が立った…。フィクションですよね?!まさか本当の話ではないですよね?!と思いながら読んだ。「ブランコ」「なんじゃもんじゃ」「典子ちゃん」「最後の日記」が特に怖かった。。断片的に語られる、 怖いぃ…。鳥肌が立った…。フィクションですよね?!まさか本当の話ではないですよね?!と思いながら読んだ。「ブランコ」「なんじゃもんじゃ」「典子ちゃん」「最後の日記」が特に怖かった。。断片的に語られる、山の風景の描写は素敵で、箸休め的にだが、心が潤った。 …続きを読む
    郁穂(かほ)
    2020年08月19日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品