山の霊異記 ケルンは語らず

関連作品有り

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041093047

関連作品有り

山の霊異記 ケルンは語らず

  • 著者 安曇 潤平
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784041093047

山岳怪談の第一人者が臨場感たっぷりにつづる山の不思議譚

山の空気を堪能する母娘の後をつけてくる黒い影、山登りの最中に知人からかかってきた電話に隠された秘密、暴風雨の夜テント泊の男性が遭遇した恐怖。山という場所の魅力と恐怖を畏怖の念とともに描きだす。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「山の霊異記 ケルンは語らず」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「鈴の音」と「ブランコ」が色んな意味で怖い。 「鈴の音」と「ブランコ」が色んな意味で怖い。
    てんつく
    2020年08月19日
    22人がナイス!しています
  • 毎年一作ずつ読んでる山の霊異記シリーズ。初期の赤いヤッケの男の温泉宿の話が凄く良くて、山間の村の鄙びた雰囲気とか、心づくしの料理とか、遺された家族を思う気持ちとか、霊がいても行ってみたいっていう魅力を 毎年一作ずつ読んでる山の霊異記シリーズ。初期の赤いヤッケの男の温泉宿の話が凄く良くて、山間の村の鄙びた雰囲気とか、心づくしの料理とか、遺された家族を思う気持ちとか、霊がいても行ってみたいっていう魅力を感じた。それと比べると本作は残念ながら怖さも切なさも今ひとつ。だけどワラビ採り殺人事件とか、山名の由来など知らなかった豆知識が結構ためになるので今後も発売されたら読むかも。 …続きを読む
    タカボー
    2021年08月23日
    11人がナイス!しています
  • 今回の「怖い」は山の怪異ってよりは、山への思い入れ・人の意志の強さへの「畏怖」だと感じた。 そんなにも「山」は素晴らしいのだろうか?山の魅力に触れたコトのない身としては、羨ましいと思う。だからこそ、魅 今回の「怖い」は山の怪異ってよりは、山への思い入れ・人の意志の強さへの「畏怖」だと感じた。 そんなにも「山」は素晴らしいのだろうか?山の魅力に触れたコトのない身としては、羨ましいと思う。だからこそ、魅了された人達の山への思い入れを「なんか怖い」と感じてしまう。 …続きを読む
    山田
    2021年02月20日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品