試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年02月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784041057223

虚談

  • 著者 京極 夏彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年02月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784041057223

ああ。取り返しがつかない――。現実と虚構をめぐる謎(ミステリー)!

元デザイナーで小説家の「僕」は、知人友人からよく相談を受ける。

「ナッちゃんはそういうの駄目な口やろ」と笑いながら、デザイン学校時代の年上の同輩、御木さんは奇妙な話を始めた。
13歳のとき山崩れで死んだ妹が、年老い、中学の制服を着て、仕事先と自宅に現れたというのだ。
だが彼の話には、僕の記憶と食い違いがあり――。(「クラス」)

この現実と価値観を揺るがす、全9篇の連作集。


メディアミックス情報

NEWS

「虚談」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 京極夏彦は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。本書は、京極夏彦らしい虚談的幽霊譚連作短編集でした。全て嘘の話ですが、ディテールの詳細まで拘っているので、妙にリアリティがあります。オススメは『クラ 京極夏彦は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。本書は、京極夏彦らしい虚談的幽霊譚連作短編集でした。全て嘘の話ですが、ディテールの詳細まで拘っているので、妙にリアリティがあります。オススメは『クラス』&『リアル』です。 …続きを読む
    starbro
    2018年03月26日
    222人がナイス!しています
  • 半ばまでいってから、ようやくタイトルの意味がすとんと腑に落ちる。すらすら読めるし、嫌味がないのだが、私が京極先生に求めるものとはちと違う。「関口くん、不思議なものなどないのだよ」というスタンスが好きで 半ばまでいってから、ようやくタイトルの意味がすとんと腑に落ちる。すらすら読めるし、嫌味がないのだが、私が京極先生に求めるものとはちと違う。「関口くん、不思議なものなどないのだよ」というスタンスが好きで、妖しの世界に片足踏み入れたくはないのだよなあ、嘘だとしても。 …続きを読む
    ケイ
    2018年05月07日
    146人がナイス!しています
  • 怪談を語るのに、嘘だとか、信じるも信じないもあなた次第みたいなこと言うのは、興醒めな気がする。女の幽霊が出るのが殆ど台所というのは何なんだ。「シノビ」で寒川さんが本題に入る前に、忍者について蘊蓄を披露 怪談を語るのに、嘘だとか、信じるも信じないもあなた次第みたいなこと言うのは、興醒めな気がする。女の幽霊が出るのが殆ど台所というのは何なんだ。「シノビ」で寒川さんが本題に入る前に、忍者について蘊蓄を披露し合うのが京極さんらしい。友人の話と前置する時は、大抵その人自身の話というのは、周知の事実。怖かったのは「クラス」だな。語り手や聞き手がみんなおかしい。「ムエン」の人の目的は何? …続きを読む
    紅はこべ
    2018年08月25日
    134人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品