西郷の首

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年09月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
480
ISBN:
9784041057193

西郷の首

  • 著者 伊東 潤
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年09月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
480
ISBN:
9784041057193

その首が、日本を変えた。ひたすらに熱く切ない本格歴史長篇!

ひとりは軍人に。ひとりは利通暗殺へ。

西郷の首を発見した男と、大久保利通を暗殺した男。
2人の加賀藩士は、親友同士だった――。

「維新」とは何だったのか?
武士の世の終焉を活写した、ひたすらに熱く切ない本格歴史長篇!

幕府を中心とした開国派と、長州藩を軸とした攘夷派に分かれ、激しい戦いが繰り広げられる幕末。
百万石の雄藩・加賀藩は、中立的立場ながらも、藩内では二派の対立が激化していた。
加賀藩士の島田一郎は尊王攘夷思想に憧れ、親友の千田文次郎は、一郎の情熱に煽られながらも自分を見失わないでいた。
やがて一郎は反政府活動に傾倒し、武装蜂起を企てる。
一方、文次郎は陸軍軍人となって西南戦争に参加し、薩摩軍が隠した西郷隆盛の首を発見する。
それにより不平士族の絶望は頂点に達し、一郎らは大久保利通の暗殺を画策する……。

幕末・明治という激動の時代に翻弄された二人の青年の友情と別離。圧巻の歴史長篇!

「一つの時代が終わったのだ。もう武士の世には戻れぬ」


文芸評論家・縄田一男氏、激賞!

「完敗した。評論家の首を賭けるに足る傑作」 (「本の旅人」2017年10月号書評より)



メディアミックス情報

NEWS

「西郷の首」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 伊東潤は、新作中心に読んでいる作家です。タイトルから薩摩藩の話と思いきや、加賀藩の下級武士の物語でした。幕末から明治維新は、特に大藩にとって凄まじい社会の変化だったんでしょうね。読み応えは抜群ですが、 伊東潤は、新作中心に読んでいる作家です。タイトルから薩摩藩の話と思いきや、加賀藩の下級武士の物語でした。幕末から明治維新は、特に大藩にとって凄まじい社会の変化だったんでしょうね。読み応えは抜群ですが、『西郷の首』というよりも『大久保の首』ではないでしょうか?来月、金沢に小旅行に行きますが、これも何かの縁かも知れません。 …続きを読む
    starbro
    2017年10月11日
    192人がナイス!しています
  • 図書館本。加賀藩足軽下級武士、島田一郎と千田文次郎。西郷隆盛の首を見つけた人物と大久保利通を殺害した人物が加賀藩の親友で維新の動乱を生き抜く物語。西郷の首を見つける事で武士の終焉を迎える。それでも武士 図書館本。加賀藩足軽下級武士、島田一郎と千田文次郎。西郷隆盛の首を見つけた人物と大久保利通を殺害した人物が加賀藩の親友で維新の動乱を生き抜く物語。西郷の首を見つける事で武士の終焉を迎える。それでも武士としての生き様、死に様を探りながら二人は生きていました。この時代の混乱を丁寧に描いてました。 …続きを読む
    ナイスネイチャ
    2017年11月04日
    163人がナイス!しています
  • タイトルが強烈だが、これは時代の変換機の象徴だったのだろう。身分は足軽、加賀藩の男が二人。親友と言えども進む道は違う。本流にいない藩の悲哀も汲み取って伊東潤に今回もやられた感が大だった。西郷の首を見つ タイトルが強烈だが、これは時代の変換機の象徴だったのだろう。身分は足軽、加賀藩の男が二人。親友と言えども進む道は違う。本流にいない藩の悲哀も汲み取って伊東潤に今回もやられた感が大だった。西郷の首を見つけた文次郎の働きや、大久保暗殺の紀尾井坂の変では私の気持ちも一郎に同化してしまい、自首から処刑のあたりで自然と泣けたのはそこに文次郎を見つけたからだろうか。屍になる覚悟のある者だけが志士と呼ばれるのなら、あの頃数多の志士がいたのだろう。そんな熱は今は無い・・幕末維新の熱を感じつつ一気の読了になった。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2017年11月08日
    124人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

伊東 潤(いとう・じゅん)

1960年、神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学卒業。2007年『武田家滅亡』(角川書店)でデビュー。『国を蹴った男』(講談社)で第34回吉川英治文学新人賞を、『巨鯨の海』(光文社)で第4回山田風太郎賞と第1回高校生直木賞を、『峠越え』(講談社)で第20回中山義秀文学賞を、『義烈千秋 天狗党西へ』(新潮社)で第2回歴史時代作家クラブ賞(作品賞)を、『黒南風の海――加藤清正「文禄・慶長の役」異聞』(PHP研究所)で本屋が選ぶ時代小説大賞2011を受賞。他著に『天下人の茶』(文藝春秋)、『吹けよ風 呼べよ嵐』(祥伝社)、『江戸を造った男』(朝日新聞出版)などがある。

この著者の商品

最近チェックした商品