桜の園 神代教授の日常と謎

桜の園 神代教授の日常と謎 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2017年05月27日
商品形態:
電子書籍

桜の園 神代教授の日常と謎

  • 著者 篠田 真由美
発売日:
2017年05月27日
商品形態:
電子書籍

神代教授の事件簿第2弾!

満開の桜の中に埋もれるように佇む洋館“桜館”。W大の同僚の大島に誘われ、館を訪れた神代宗と医者の辰野。大島の縁戚だという館に住む3人の老女は、老獪なふるまいを見せる。やがて花見の宴が始まるが、それはある過去をなぞり、大島の記憶を呼び覚ますようなものだった……。その直後、謎の人物が現われ、40年前の宴と一族の秘密が徐々に明らかになる……(「表題作」)。ほか、神代の亡き母への追憶を描いた「花の形見に」を含む「建築探偵」シリーズの番外編、第2弾!
【電子書籍特典】
●著者直筆サイン
●本書の舞台となった館写真(著者による解説つき)


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「桜の園 神代教授の日常と謎」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 再読。風信子の家の続編。縁戚関係のある魔女のような老女に招待され40年ぶりに桜館を訪れる同僚に付き添った神代と辰野。はっきり言って「鬱陶しいことこの上ない」。亡き母への追憶を描いた「花の形見に」は好み 再読。風信子の家の続編。縁戚関係のある魔女のような老女に招待され40年ぶりに桜館を訪れる同僚に付き添った神代と辰野。はっきり言って「鬱陶しいことこの上ない」。亡き母への追憶を描いた「花の形見に」は好みのタイプ。沙弥さんほど竹を割らなくてもいいけど(笑)、お江戸の下町ってこんな感じなのかな? …続きを読む
    チカチカ
    2014年01月16日
    6人がナイス!しています
  • 「桜の園」と二重写しの印象を受ける部分もある、人生の終わりに向けての真実探し。神代教授が狂言回しっぽいところが楽しかった。 「桜の園」と二重写しの印象を受ける部分もある、人生の終わりに向けての真実探し。神代教授が狂言回しっぽいところが楽しかった。
    たな
    2017年09月10日
    5人がナイス!しています
  • 建築探偵シリーズスピンオフ第2弾。建築を遠景に置き、人間関係の愛憎がもたらす事件(殺人とは限らない)を描く手腕は健在です。本編は終わってしまいましたが、こういう形で続いてほしいかな。 建築探偵シリーズスピンオフ第2弾。建築を遠景に置き、人間関係の愛憎がもたらす事件(殺人とは限らない)を描く手腕は健在です。本編は終わってしまいましたが、こういう形で続いてほしいかな。
    ryu
    2011年05月13日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品