鹿の王 1 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2017年06月17日
商品形態:
電子書籍

鹿の王 1

  • 著者 上橋 菜穂子
発売日:
2017年06月17日
商品形態:
電子書籍

2015年本屋大賞受賞作! 父娘の壮大な冒険が、いまはじまる――!

強大な帝国・東乎瑠(ツオル)から故郷を守るため、死兵の役目を引き受けた戦士団“独角(どつかく)”。妻と子を病で失い絶望の底にあったヴァンはその頭として戦うが、奴隷に落とされ岩塩鉱に囚われていた。ある夜、不気味な犬の群れが岩塩鉱を襲い、謎の病が発生。生き延びたヴァンは、同じく病から逃れた幼子にユナと名前を付けて育てるが!? たったふたりだけ生き残った父と子が、未曾有の危機に立ち向かう! 解説:朝加昌良


メディアミックス情報

NEWS

「鹿の王 1」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 上橋菜穂子のファンタジーは久し振り!文庫化待ってました‼精霊の守り人や獣の奏者とはひと味違ったテイストですが、「医療」がテーマなっている為か、のっけから「生と死」を突き付けてくるディープな切り口で相変 上橋菜穂子のファンタジーは久し振り!文庫化待ってました‼精霊の守り人や獣の奏者とはひと味違ったテイストですが、「医療」がテーマなっている為か、のっけから「生と死」を突き付けてくるディープな切り口で相変わらず濃厚な世界観が拡がってます。グイグイ惹き付けられました‼ヴァンとユナのやり取りにほっこり。この作家さんの世界観好きです。面白いです。 …続きを読む
    青蓮
    2017年06月27日
    246人がナイス!しています
  • 2018年279冊め。片仮名はスムーズだったが独特の読み方をする漢字の地名や人名を飲み込むのに時間を要した。ファンタジーに付き物の征服したもの・されたものという国家間の関係のほかに、疫病の発生と蔓延が 2018年279冊め。片仮名はスムーズだったが独特の読み方をする漢字の地名や人名を飲み込むのに時間を要した。ファンタジーに付き物の征服したもの・されたものという国家間の関係のほかに、疫病の発生と蔓延がどうか関わってくるのか楽しみである。2巻へ。 …続きを読む
    扉のこちら側
    2018年07月08日
    226人がナイス!しています
  • ★★★★☆ 人物みんな魅力的で世界観もすごくいい……続きが気になる‼︎ ★★★★☆ 人物みんな魅力的で世界観もすごくいい……続きが気になる‼︎
    ぱるぷ
    2017年06月20日
    219人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品