虎山に入る

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年10月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784044002428

虎山に入る

  • 著者 中沢 新一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年10月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784044002428

人間を解き明かす鍵は、火のように燃える心の原野に隠されている。

子供の心に息づく野生、諏訪湖から溢れ出す縄文の豊穣、
そして著者が出会った思想家たちへのレクイエム――。

縄文と現代を結ぶ思考の稜線
思想家・中沢新一、最新論集!


自分のやろうとしていることは、
いまの知的世界の中ではまだ認められていないものであるので、
とうてい知略を用いなければ逆境を突破することはできまい
という認識が、若い私にはあった。
その予想はみごとに当たって、私は数多くの困難に直面したが、
そのたびに『虎山を智取する』の言葉を思い出して
自分を奮い立たせた。 ──「序」より


【目次】

* 天使の心、悪魔の心
* 冒険者たちへのレクイエム
* 日本思想のリレイヤー
* 天竜川という宝庫
* エネルゴロジーについて


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「虎山に入る」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 中沢新一のエッセイや追悼文、この8年で折々に発表してきた小論を集めたもの。『熊を夢見る』と同時に刊行され、同じ趣旨だが、集め方はちがう。こちらの本の方が、吉本隆明や山口昌男らの思い出を収め、折口信夫に 中沢新一のエッセイや追悼文、この8年で折々に発表してきた小論を集めたもの。『熊を夢見る』と同時に刊行され、同じ趣旨だが、集め方はちがう。こちらの本の方が、吉本隆明や山口昌男らの思い出を収め、折口信夫に触れ、日本論を論じ、と具体的で日本寄りである。その点が好きだった。『熊を夢見る』の方は、ヨーロッパ、レヴィ・ストロース寄りである。 …続きを読む
    吟遊
    2017年11月09日
    14人がナイス!しています
  • 図書館。中沢新一二冊目。こちらも面白いなあ。小論集なので読みやすいし、追悼文だからというのでもなく全体から滲み出る先生の人情味?が好きです。冒険者たちへのレクイエム…先輩冒険者たちへの深い敬愛の念。思 図書館。中沢新一二冊目。こちらも面白いなあ。小論集なので読みやすいし、追悼文だからというのでもなく全体から滲み出る先生の人情味?が好きです。冒険者たちへのレクイエム…先輩冒険者たちへの深い敬愛の念。思考や地名に層成す数多のレイヤー、その最深部を目指してダイブするんですねぇ。とてもロマンチック。折口信夫も今なら読めるかもしれない。(むかし1ページで挫折した) …続きを読む
    しろきいろ
    2019年06月08日
    4人がナイス!しています
  • 天竜川という宝庫の章が凄い。『精霊の王』を読むことにしよう。 天竜川という宝庫の章が凄い。『精霊の王』を読むことにしよう。
    隠居
    2017年12月10日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品