三万年の死の教え チベット『死者の書』の世界

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1996年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
196
ISBN:
9784041981016

三万年の死の教え チベット『死者の書』の世界

  • 著者 中沢 新一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1996年06月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
196
ISBN:
9784041981016

誕生の時には、あなたが泣き、世界は喜びに沸く。死ぬ時には、世界が泣き、あなたは喜びにあふれる。「死者の書」には人類数万年の叡智が埋蔵されている。生と死の境界に分け入る思想的冒険。カラー版。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「三万年の死の教え チベット『死者の書』の世界」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 簡単な内容ではないけどテーマを絞ってあるので読みやすかった。インドで生まれた仏教が土着の神々を呑み込みながらシルクロードを下ってきたという認識はあっても、呑み込むとはどのようなことか具体的に考えてみた 簡単な内容ではないけどテーマを絞ってあるので読みやすかった。インドで生まれた仏教が土着の神々を呑み込みながらシルクロードを下ってきたという認識はあっても、呑み込むとはどのようなことか具体的に考えてみたことはなかった。チベットについても、何やら信心深く神秘的な人々が住まう国、くらいの貧弱なイメージ。本書では、チベットには仏教に先んじて古来より独自の思想哲学があり、仏教思想が持ち込まれたときふたつが影響し合って今に至る、その過程を解説していて、やっとピンときた感じ。著者の「神の発明」を思い出した。 …続きを読む
    2016年04月06日
    2人がナイス!しています
  • 快くて楽しい本だ。 快くて楽しい本だ。
    onisjim
    2015年03月10日
    1人がナイス!しています
  • 生まれて死ぬ一連の流れを地球の一部である人類として受けとめる、その行為が自我を超越した神聖なものに映る自分に違和感を感じる。 生まれて死ぬ一連の流れを地球の一部である人類として受けとめる、その行為が自我を超越した神聖なものに映る自分に違和感を感じる。
    miroku
    2014年06月25日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品