MIX 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041052655

MIX 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子

  • 著者 内藤 了
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041052655

少女の「人魚」の遺体!?背後には、ある研究組織が……。比奈子の運命は?

===
湖で発見された、上半身が少女、下半身が魚の謎の遺体。「人魚」事件の背後には未解決の児童行方不明事件が関わっているようだ。その後、また新たな謎の遺体が見つかる。保を狙う国際犯罪組織も暗躍し……。

===
湖で発見された、ビニールシートに包まれた謎の遺体。
その上半身は少女、下半身は水生生物のように変化しているように思われる。

比奈子が属する八王子西署にも新たな変化が訪れていた。ずっと捜査を共にしていたメンバーの異動があり、さらに新人が配属されてきたのだ。
先輩らしい振る舞いをすることにまだ慣れない比奈子。

少女の「人魚」の遺体は、“死神女史”こと石上博士のもとで検死された。そこで分かったのは、遺体の身体の変異に関する、驚くべき事実だった。

その「人魚」事件にひきつづき、子供の奇妙な部分遺体が発見される事件が起こり……。


現代社会の闇が猟奇的殺人と共鳴する、新しいタイプのヒロインが大活躍の警察小説、第8弾!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「MIX 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ジャンルから言えばabsintheストライクのど真ん中。次を読め!というベクトル感覚も強い。でも何か物足りない。犯人の行動原理が最後の説明で納得できず。オゾマシイ悪事自体はともかく、連絡の方法は他に何 ジャンルから言えばabsintheストライクのど真ん中。次を読め!というベクトル感覚も強い。でも何か物足りない。犯人の行動原理が最後の説明で納得できず。オゾマシイ悪事自体はともかく、連絡の方法は他に何でもやりようがあったはずで、人物が最善と程遠いことばかりしていると、感情移入も難しい、応援する気もうせてくる。主人公オイテキボリもさらに酷くなっている。前巻BACKの伏線と今回の残された伏線の先にある物を想像させる流れは面白い。続きものの途中なので、本作だけで評価しがたいか。このテーマが得意なのは仙川環さん? …続きを読む
    absinthe
    2019年04月08日
    166人がナイス!しています
  • BACKから続く事件は解決だけど、なんかもっと大きな組織が見え隠れして終わりました、これから絡んできそうな伏線抱えた人物も出てきたし、猟奇犯罪捜査班チームワークも良くなってきてるし、益々面白くなるこの BACKから続く事件は解決だけど、なんかもっと大きな組織が見え隠れして終わりました、これから絡んできそうな伏線抱えた人物も出てきたし、猟奇犯罪捜査班チームワークも良くなってきてるし、益々面白くなるこのシリーズ、最後以外は足を引っ張りまくった新人御子柴くんがこれからどう化けるか、また次巻を待つ日々。 …続きを読む
    がんも
    2017年07月26日
    159人がナイス!しています
  • 湖から上がった少女の「人魚」の遺体❕どんな真相が明らかになるのか⁉おぞましくて悲しいね。が、やはりこんなことは断じて許されない。さらにその背後で蠢く恐るべき陰謀。これは次も読むしかあるまい。 湖から上がった少女の「人魚」の遺体❕どんな真相が明らかになるのか⁉おぞましくて悲しいね。が、やはりこんなことは断じて許されない。さらにその背後で蠢く恐るべき陰謀。これは次も読むしかあるまい。
    みっちゃん
    2017年12月13日
    143人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品