AID 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041029435

AID 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子

  • 著者 内藤 了
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041029435

爆発した自殺死体、そして相次ぐ自殺事件の背後にある「AID」とは?

腐乱自殺死体の爆発事件を皮切りに、続々と起こる異常な自殺事件。捜査に乗り出した比奈子ら「猟奇犯罪捜査班」は、背後に「AID」という存在が居ることを突き止めるが。大人気・藤堂比奈子シリーズ第三弾!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「AID 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 久しぶりの藤堂比奈子刑事。小説の彼女は地味顔らしいが、いつもなぜか勝手に『土屋 太鳳』に脳内変換される女刑事。それはともかく、今回は自殺幇助を絡めた切ない事件だったなぁ。この前もあったけど、自殺希望者 久しぶりの藤堂比奈子刑事。小説の彼女は地味顔らしいが、いつもなぜか勝手に『土屋 太鳳』に脳内変換される女刑事。それはともかく、今回は自殺幇助を絡めた切ない事件だったなぁ。この前もあったけど、自殺希望者のネットの集まりの場を悪用する輩もいるというし…。しかし、今回の犯人には驚いた。切ない気分になったわ。これを吹き飛ばすべく、次は『地獄の犬たち』へ。 …続きを読む
    まるけん
    2018年01月12日
    261人がナイス!しています
  • 「人の存在はあらゆる所で繋がってる。他人を殺す事と自分を殺す事は同じ」「助けて下さいって頼む」「誰かがちゃーんと見てる」…原島さんの言葉の一つ一つが素敵だ。でもきっと自殺したくなるぐらいの人は、きっと 「人の存在はあらゆる所で繋がってる。他人を殺す事と自分を殺す事は同じ」「助けて下さいって頼む」「誰かがちゃーんと見てる」…原島さんの言葉の一つ一つが素敵だ。でもきっと自殺したくなるぐらいの人は、きっと誰かが自分を想ってくれているぐらいに、「自分」の存在を肯定なんて出来ないんだ。比奈子に真っ向からぶつかられた亜希は、嬉しくて怖かったのかもしんない。目の前にある「当たり前」も、誰か一人でも繋がっていてくれる日常も、きっと温かくて、涙が出るくらい嬉しくて、いつか消えちゃいそうで怖いんだ。人の繋がりが詰まった一冊 …続きを読む
    せ~や
    2016年12月21日
    211人がナイス!しています
  • シリーズ3作目。今回は猟奇的な内容では無かったけれど、真相に向かうにつれて心が重くなっていくようでした。今回は、三木さんと麗華さんの活躍が良かった。犯人は、なんとなく気づいてはいたけれど、その人で無い シリーズ3作目。今回は猟奇的な内容では無かったけれど、真相に向かうにつれて心が重くなっていくようでした。今回は、三木さんと麗華さんの活躍が良かった。犯人は、なんとなく気づいてはいたけれど、その人で無い事を祈りながら読み進めていたので、本当に残念だし悲しかった。比奈子は友人の死と尊敬する人の過ちをどのように自分の中で消化して前に進むのか、次巻も引き続き読んで行こう。麗華さんが比奈子の良き相談相手になってくれると良いな~(^^) …続きを読む
    maa
    2016年07月14日
    204人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品