ONE 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041040164

ONE 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子

  • 著者 内藤 了
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041040164

傷を負い行方不明となった比奈子の運命は……!? ドラマ化シリーズ最新刊

新人刑事・比奈子の故郷長野と都内で発見された幼児の部分遺体は神話等になぞらえて遺棄されていた。被虐待児童のカウンセリングを行う団体を探るなか深手を負った比奈子。一方、脱走した連続殺人鬼・都夜は……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ONE 猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ZEROからONEへ。そうね、人に認められない存在。そこにいる、とも気が付かれない存在。どんなに優秀でも決して評価されない存在。まさにZERO。まるで比奈ちゃんの対極で生きるような人間。人に存在を認め ZEROからONEへ。そうね、人に認められない存在。そこにいる、とも気が付かれない存在。どんなに優秀でも決して評価されない存在。まさにZERO。まるで比奈ちゃんの対極で生きるような人間。人に存在を認められ、期待され、必要とされる…あのままデカくならなくてよござんした的事件でしたぁ。きっといつかはONEになれるでしょう。しかし都夜、怖かった。リカを思い出したわ。次は痛い物語から少し離れて久々の黒川節、『海の稜線』で関西を味わいますっ。 …続きを読む
    まるけん
    2018年03月10日
    247人がナイス!しています
  • シリーズ6作目。前作から引き続き。前巻の終盤でZEROの正体には気付いたけれど最後まで彼で無い事を祈りつつ読み進めた。あれだけ派手に脱走した佐藤都夜、比奈子との絡みを期待したけれど、最後はアッサリと彼 シリーズ6作目。前作から引き続き。前巻の終盤でZEROの正体には気付いたけれど最後まで彼で無い事を祈りつつ読み進めた。あれだけ派手に脱走した佐藤都夜、比奈子との絡みを期待したけれど、最後はアッサリと彼にやられてしまってちょっと物足りなさを感じてしまった。比奈子が居なくなった時の野比先生の狼狽振りに死神女史も色々気付いたのだろう。今回の2作で比奈子がいかに周りから愛されているのか改めて実感できたのは良かった。次回作以降、野比先生と永久の治療の経緯や、比奈子との恋の行方が益々気になります。 …続きを読む
    maa
    2016年08月09日
    192人がナイス!しています
  • 犯人やっぱり思った通り。zeroの伏線がやっと回収される。すごいな。犯人わかっても終わると爽快感がある。今回はチームワークが光る。比奈子の活躍がいまいち薄い気もするが仕方が無いか。グロもインフレーショ 犯人やっぱり思った通り。zeroの伏線がやっと回収される。すごいな。犯人わかっても終わると爽快感がある。今回はチームワークが光る。比奈子の活躍がいまいち薄い気もするが仕方が無いか。グロもインフレーションを起こすのか。作家さんも前作より印象的に描かなければならないためか、前作より少しずつ強めに盛っておくのだろう。今後何処までエスカレートするのか、見たくもあり怖くもあり。犯人もやはり人なのだ。このシリーズの屋台骨はグロではない。最後に比奈ちゃんが絶対に離さなかったものだ。 …続きを読む
    absinthe
    2019年03月05日
    159人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品