わが家は祇園の拝み屋さん4 椿の花が落ちるころ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041049839

わが家は祇園の拝み屋さん4 椿の花が落ちるころ

  • 著者 望月 麻衣
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041049839

大反響、続々重版! 京都で起こる不思議な謎と優しい成長物語、第4弾。

京都でお正月を迎えた小春は、京都で暗躍する謎の「祓い屋」の存在や、今の自分を取り巻く人々との前世での関わりを知り、心を悩ませていた。そんな中バレンタインデーが迫り、小春は澪人に告白しようとするけれど?


メディアミックス情報

NEWS

「わが家は祇園の拝み屋さん4 椿の花が落ちるころ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 賀茂家に正月の挨拶に伺ったり、宗次朗さんの新作和菓子の虜になったり、いわくつきの家の調査に出かけたり、澪人のためにバレンタインチョコを作ったりと、小春が冬の祇園での暮らしを楽しみながらも、勇気を振り絞 賀茂家に正月の挨拶に伺ったり、宗次朗さんの新作和菓子の虜になったり、いわくつきの家の調査に出かけたり、澪人のためにバレンタインチョコを作ったりと、小春が冬の祇園での暮らしを楽しみながらも、勇気を振り絞って大きな一歩を踏み出した巻でした。前世での記憶が時折蘇る事に戸惑いながらも、現代にまで繋がる縁がある事を感じつつ、龍神の若宮くんや狐神のコウメを大切に想う小春が素敵。抹茶風味の大人なチョコや、粒餡と白餡が入ったきんつば等、宗次朗さんの和菓子が相変わらずの飯テロで、読んでいると無性に和菓子が食べたくなります。 …続きを読む
    スズ
    2017年06月10日
    124人がナイス!しています
  • 4巻目。 前世のお話が増えてきた…。 ガラッと変わった、とかではないけれど、当初のふわふわした感じが潜められて謎めいてきた。前半辺りまではゆる~く読んでいたものがドキドキしながら読み進めていって…最後 4巻目。 前世のお話が増えてきた…。 ガラッと変わった、とかではないけれど、当初のふわふわした感じが潜められて謎めいてきた。前半辺りまではゆる~く読んでいたものがドキドキしながら読み進めていって…最後にショック受けて終了。 早く続き読みたい! そして2人には幸せになってほしい…。 …続きを読む
    rin
    2017年07月15日
    68人がナイス!しています
  • 何か話の途中で時間切れになって話を切り上げた感じです。 後半は凄く雑な展開で後味の悪さが作品のそれまでの面白さを台無しにした残念な作品でした。 まぁ、中途半端な終わり方なんで早く続きを書いて出してほし 何か話の途中で時間切れになって話を切り上げた感じです。 後半は凄く雑な展開で後味の悪さが作品のそれまでの面白さを台無しにした残念な作品でした。 まぁ、中途半端な終わり方なんで早く続きを書いて出してほしい。 何かこの作家さんの本の中では最低な作品でした。 …続きを読む
    カメ吉
    2017年01月29日
    64人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品