凶犬の眼

映画化「孤狼の血」シリーズ、待望の最新刊!

  • 著者 柚月裕子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年03月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
336
ISBN:
9784041049556
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

凶犬の眼

映画化「孤狼の血」シリーズ、待望の最新刊!

  • 著者 柚月裕子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年03月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
336
ISBN:
9784041049556

映画化「孤狼の血」シリーズ、待望の最新刊!

捜査のためなら、俺は外道にでもなる。

所轄署から田舎の駐在所に異動となった日岡秀一は、穏やかな毎日に虚しさを感じていた。そんななか、懇意のヤクザから建設会社の社長だと紹介された男が、敵対する組長を暗殺して指名手配中の国光寛郎だと確信する。彼の身柄を拘束すれば、刑事として現場に戻れるかもしれない。日岡が目論むなか、国光は自分が手配犯であることを認め「もう少し時間がほしい」と直訴した。男気あふれる国光と接するにつれて、日岡のなかに思いもよらない考えが浮かんでいく……。

警察vsヤクザの意地と誇りを賭けた、狂熱の物語。

トピックス

著者紹介

柚月 裕子

1968年、岩手県生まれ。山形県在住。
2008年、『臨床真理』で『このミステリーがすごい!』大賞を受賞し、デビュー。2013年『検事の本懐』で第15回大藪春彦賞を受賞。丁寧な筆致で人間の機微を描きだす、今もっとも注目されるミステリ作家の一人。
他の著書に『最後の証人』『検事の死命』『蟻の菜園―アントガーデン―』『パレートの誤算』『朽ちないサクラ』『ウツボカズラの甘い息』がある。
2016年『孤狼の血』で第69回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)を受賞。

この著者の商品

最近チェックした商品