試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784044001834

人生はいつもちぐはぐ

  • 著者 鷲田 清一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784044001834

「これで死ねる」と最後に言えるその日まで――。哲学者がつむぐ日々の思考

昔のおとなが背中で伝えた、生きるうえで大切なこと。
未来の同業者にみっともない仕事はできないという、職人の矜持。
般若心経を丸ごと暗記した五歳児のまなざしの先にあるもの。
大きな災害を前に口ごもるしかない、私たちの気持ち――。
生きることの機微をめぐる思考が、
日々の出会いやエピソード、遠い日の記憶から立ち上がる。
まなび、痛み、しあわせ、自由、弱さなど、
身近なことばを起点に広がってゆく哲学エッセイ。

(角川学芸出版刊『おとなの背中』改題)


【目次】

まえがき ―― 「これで死ねる」と言えるとき

1.伝えること/応えること

2.おとなの背中

3.人生はいつもちぐはぐ

4.ぐずぐずする権利

5.言葉についておもうこと

6.贈りあうこと

7.東日本大震災後 2011-12

もくじ

まえがき ―― 「これで死ねる」と言えるとき

1.伝えること/応えること

2.おとなの背中

3.人生はいつもちぐはぐ

4.ぐずぐずする権利

5.言葉についておもうこと

6.贈りあうこと

7.東日本大震災後 2011-12


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「人生はいつもちぐはぐ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 初の鷲田さん。新聞や雑誌に載せたものを集めたエッセー集。文章は読みやすいのですが、あまりにも短すぎて内容に面白味を感じませんでした。もう少し突っ込んだ考えを聞かせてほしかったという印象。 初の鷲田さん。新聞や雑誌に載せたものを集めたエッセー集。文章は読みやすいのですが、あまりにも短すぎて内容に面白味を感じませんでした。もう少し突っ込んだ考えを聞かせてほしかったという印象。
    to boy
    2017年05月05日
    23人がナイス!しています
  • 人と相性があるように、ことばとも相性がある。鷲田清一さんのことばとはどうやら相性がいいようだ。心のこもったことばたちが私に触れて、私のこころが動き始める。常にただよい形を変える思想の一瞬の断片をつない 人と相性があるように、ことばとも相性がある。鷲田清一さんのことばとはどうやら相性がいいようだ。心のこもったことばたちが私に触れて、私のこころが動き始める。常にただよい形を変える思想の一瞬の断片をつないだエッセイ集。鞄に入っているといつもより少し楽に、穏やかに生きることができそうな気がする。 …続きを読む
    さや
    2017年11月07日
    16人がナイス!しています
  • 書かれていることは、いつもの鷲田さんの持論かもしれない。他の著書にも出てくる内容もある。けれど、やはり私はこの方の文章が好きだ。人の心に分け入り、いろいろな考え方を噛み砕き、決して声高に反論したりせず 書かれていることは、いつもの鷲田さんの持論かもしれない。他の著書にも出てくる内容もある。けれど、やはり私はこの方の文章が好きだ。人の心に分け入り、いろいろな考え方を噛み砕き、決して声高に反論したりせず、大らかに語る。ちぐはぐだって、モヤモヤだって人生だ。心の底の部分で、憧れるじぶんを見失わなければいい そう思わせてもらえる。 …続きを読む
    きょ
    2016年12月08日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品