おとなの背中

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年09月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784046532862

おとなの背中

  • 著者 鷲田 清一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年09月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784046532862

あえて知らないふりをして。<思考の肺活量>を増大させる哲学エッセイ!

「価値の遠近法」「いのちの汀に立つ」「存在の欠損と向き合う」。生きていくうえで大事なことは、おとなの背中の佇まいから伝わる。臨床哲学の立場から現代社会の〈いのち〉を考える、やさしい哲学エッセイ。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「おとなの背中」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 新聞掲載の文章を集めたもの。全て短編で読みやすい。教育者として、受け止めて伝えることに共感。今の社会では教育者が子供に質問するのが自然になりつつ、本当は逆だよなぁと。子供から自発的に質問し学ぶのが私も 新聞掲載の文章を集めたもの。全て短編で読みやすい。教育者として、受け止めて伝えることに共感。今の社会では教育者が子供に質問するのが自然になりつつ、本当は逆だよなぁと。子供から自発的に質問し学ぶのが私も良いと思う。後半では東日本大震災のことが描かれていたが、読者に伝え考えるきっかけを与えてくれる感じなので、読んでて充実感あり。押し付けがましくないところが素敵だ。この本を勧めてくれた友人に感謝したい。 …続きを読む
    寧々
    2015年05月23日
    21人がナイス!しています
  • 手元において、ふっとした時に手に取りたくなる本。鷲田先生の思いが、わかりやすい短文で、繰り返しこころの中に染み込んでくる。今の出来事の意味、そこから派生して過去・未来へも思考が羽ばたくような印象。その 手元において、ふっとした時に手に取りたくなる本。鷲田先生の思いが、わかりやすい短文で、繰り返しこころの中に染み込んでくる。今の出来事の意味、そこから派生して過去・未来へも思考が羽ばたくような印象。そのうえ、地に足をつけて、自分自身の思想も見直しながら、次につなげる。我々は、次の世代へ繋がなくてはいけないのだと、ますますそう思う。それを思うと、今の時代、それをリードすると言われている人たちのプアなものに気づく。しかし、それは、自分たちの鏡でもあるのだということを、強く思う。だからこそ、動かないと。 …続きを読む
    けんとまん1007
    2016年10月15日
    15人がナイス!しています
  • 京都新聞、毎日新聞、北海新聞などに掲載されたものをまとめてある。3ページくらいの短い話の連続なので読みやすい。言いたいことは、何回も出てくるので自然と頭に入る。近代社会では、出自で人生が決まるわけでは 京都新聞、毎日新聞、北海新聞などに掲載されたものをまとめてある。3ページくらいの短い話の連続なので読みやすい。言いたいことは、何回も出てくるので自然と頭に入る。近代社会では、出自で人生が決まるわけではない。それはそれで、良いことなのだが、常に、自分には何ができるかを社会によって評価され、条件を満たさなければ不要とみなされてしまう社会であるという点では生きづらいといえる。どちらを向いても評価から逃れられない現状。験され 答えるという関係ではなく、伝える受けとるという形が、教育場面では必要である。 …続きを読む
    mm
    2014年11月07日
    14人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品