試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年08月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784047034945

「ぐずぐず」の理由

  • 著者 鷲田 清一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年08月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784047034945

いのちの息遣いにふれる、言葉の手ざわり。擬態語から探る現代人の存在感覚

「のろのろ」「おろおろ」。動作の擬音ではなく、振舞いの抽象としての表現が、なぜぴたりとその様態を伝えるのか。ドイツ語で「音の絵」ともいうオノマトペを現象学的に分析。現代人の存在感覚を解き明かす。

〈目次〉
   言葉の感覚 序にかえて

1 声のふるまい オノマトペのさまざまな顔
     ぎりぎり
     ぐずぐず
     ちぐはぐ
     ゆらゆら
     ふわふわ
     ほっこり
     ぼろぼろ
     なよなよ
     にやにや
     ねちゃねちゃ

2 音の絵 オノマトペの構造
   1 音の絵
      感覚による抽象
      批評と否定
   2 言葉の内臓感覚
      音の軌み
      内圧の高まり
      言葉の原体
   3 律動と情調
      初発のリズム
      いのちの息遣い
   4 感覚の越境
      声のテクスチユア
      音色──肌理の表現
      干渉しあう感覚
   5 意味の内と外
      アナーキーな言葉の輝き
      意味と音調
      意味と無意味
      オノマトペの造語機能
   6 魂の言葉 結びにかえて
   あとがき

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「「ぐずぐず」の理由」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • “京都は「はひふへほ」の文化、大阪は「ばびぶべぼ」の文化、神戸は「パピプペポ」の文化だというのである。” 以前どなたかがおっしゃっていて、まさにと唸ったが、鷲田さんの解説でとても納得できた。オノマトペ “京都は「はひふへほ」の文化、大阪は「ばびぶべぼ」の文化、神戸は「パピプペポ」の文化だというのである。” 以前どなたかがおっしゃっていて、まさにと唸ったが、鷲田さんの解説でとても納得できた。オノマトペというくくりを知らないうちから「うろうろせんでも、そこの道をダーッと下って、曲がり角をキュッと行ったとこに、けばけばしい看板の店があって、ぬくぬくのお弁当売ってるで」などと私ども大阪人はとにかくオノマトペをごく当たり前に多用する。ないと困る。仮名の行ごとの個性や、濁点のあるなしで印象が変わる言葉って面白い。 …続きを読む
    よこたん
    2017年08月26日
    39人がナイス!しています
  • 29回にわたる連載をまとめた本書は、まるで毎食「カレー」が続いた様だった。カレー(オノマトペ=擬音語・擬態語)に罪は無い。シェフ(鷲田先生)の腕もいい。しかし「ぐずぐず」「なよなよ」「ねちゃねちゃ」と 29回にわたる連載をまとめた本書は、まるで毎食「カレー」が続いた様だった。カレー(オノマトペ=擬音語・擬態語)に罪は無い。シェフ(鷲田先生)の腕もいい。しかし「ぐずぐず」「なよなよ」「ねちゃねちゃ」と生理的感覚に直結する話の連続がしんどくて、「週に一章」というルールを作った。それほど体にこたえた本だった。とくだんオノマトペについて学ぼうと手にしたわけではなく鷲田先生の文章が読みたかっただけなのだが、ある意味「鷲田哲学の真髄」は此処にあるのかも。連載だからこそ楽しく読める文章もあるのだ、と教えてくれた一冊。 …続きを読む
    kuri8655
    2012年06月26日
    26人がナイス!しています
  • 一文一文の手触りを確かめたくて、いつくしむように、なぞるように読んだ。本書のテクスチユアは読者によって分解され、心の深くへと沈み、取り込まれることを心待ちにしているようだった。永い醗酵時間を経て、酵素 一文一文の手触りを確かめたくて、いつくしむように、なぞるように読んだ。本書のテクスチユアは読者によって分解され、心の深くへと沈み、取り込まれることを心待ちにしているようだった。永い醗酵時間を経て、酵素によって分解されたアミノ酸が、シャンパーニュグラスの中で真珠のような泡となって煌き、やがて私の細胞の襞の襞へと溶けこんでいくように、心地よい人肌に温められた言葉の数々は、無限小のわたしの中でやさしく瓦解した末に融和し、寛がせ、奮い立たせてくれるのだった。 …続きを読む
    ごじ
    2019年09月24日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品