語りきれないこと 危機と傷みの哲学

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年02月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
192
ISBN:
9784041101094

語りきれないこと 危機と傷みの哲学

  • 著者 鷲田 清一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年02月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
192
ISBN:
9784041101094

心が息をふきかえすには? 震災から一年。命を支える「言葉の力」を考える

語りきれない苦しみを抱えて、人はどう生きていけばいい? 阪神大震災を機に当事者の声を聴く臨床哲学を提唱した著者が、東日本大震災から一年を経て、心を復興し、命を支える「人生の語りなおし」の重要性を説く。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「語りきれないこと 危機と傷みの哲学」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 改めて、言葉とは?コミュニケーションとは?について考えさせられる。 改めて、言葉とは?コミュニケーションとは?について考えさせられる。
    あちゃくん
    2022年05月01日
    38人がナイス!しています
  • 「誰も声のかけようがない状態の中で、わたしたちはできるのはこの看護師さんのようにじっと傍らにいるということしかないのかもしれません。あるいはせいぜい、ご本人を遠目に見つめながら、その人がおられる場の空 「誰も声のかけようがない状態の中で、わたしたちはできるのはこの看護師さんのようにじっと傍らにいるということしかないのかもしれません。あるいはせいぜい、ご本人を遠目に見つめながら、その人がおられる場の空気を少しでも入れ換えるようふるまうことくらいしか、ないかもしれません。……ちょうど台所仕事をしながらうまく子どもの話を聴きだす母さんのように。庭に水をやりながら「ふーん」「ほう」と老親のつぶやきに応えるともなく応えるおとうさんのように。」P.185 …続きを読む
    ムーミン
    2018年05月20日
    18人がナイス!しています
  • 哲学者が書く震災の本ってなあ!?遠いんじゃないの~と思ってましたが、全然ちがってごめんなさい、よかった(>_<)インテリなのに平易で冷静で優しい訴えの数々に泣いて考えさせられ、いっぱいメモリました♪ 哲学者が書く震災の本ってなあ!?遠いんじゃないの~と思ってましたが、全然ちがってごめんなさい、よかった(>_<)インテリなのに平易で冷静で優しい訴えの数々に泣いて考えさせられ、いっぱいメモリました♪
    RED FOX
    2017年03月21日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品