角川文庫

冬空トランス

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041046234
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

冬空トランス

  • 著者 長沢 樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041046234

可愛すぎる名探偵・樋口真由&弱小映画研究部・遊佐渉の名探偵コンビの推理

〈目次〉
・動画投稿サイトで注目を集める天才は、絶対に撮影不可能な、驚異の映像を生み出した。果たしてどのような手段で撮られたものなのか。超難関の挑戦を受けた、遊佐渉の答えは?・・・・・・【モザイクとフェリスウィール】
・少女はなぜ4階のこの教室から飛び降りなければならなかったのか? 状況は手首を切って自ら飛び降りたことを示している。しかし、真由は即座に疑念を呈す――自殺とは思えない。・・・・・【冬空トランス】
・完全に閉じ込められた。だが状況は単純だ。縦5m、横4m、高さ3.5mの空間から脱出すればいい。タイムリミットは一晩。追い込まれた真由、決死のリアル脱出ゲームが始まる。・・・・・・【夏風邪とキス以上のこと】
・あの衝撃の消失事件の主役・網川緑の目撃情報が!? 文庫書き下ろしの『消失グラデーション』真の解決編・・・・・・【わがままなボーナストラック】

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「冬空トランス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 良い意味で「イマドキ」。エッジが効いていてスタイリッシュ、だけど本格。 良い意味で「イマドキ」。エッジが効いていてスタイリッシュ、だけど本格。
    佐島楓@勉強中
    2016年11月17日
    62人がナイス!しています
  • 二作目読まずに読んだのでところどころわからず流してしまったところもあったけど面白かった。個人的には真由も好きだが1作目の康が好きだったので消失グラデーションのその後の話は特に良かった。 二作目読まずに読んだのでところどころわからず流してしまったところもあったけど面白かった。個人的には真由も好きだが1作目の康が好きだったので消失グラデーションのその後の話は特に良かった。
    ソラ
    2016年11月07日
    40人がナイス!しています
  • いただきもの。シリーズ3作目。内容は前2作の補完的短編集って感じなのかな。このシリーズはこういう人達がこんなにひとつの高校に集まるものか?という疑問が終始付きまとったなぁ。部長…ここまでくるとすごいわ いただきもの。シリーズ3作目。内容は前2作の補完的短編集って感じなのかな。このシリーズはこういう人達がこんなにひとつの高校に集まるものか?という疑問が終始付きまとったなぁ。部長…ここまでくるとすごいわ、ちょっと引く(笑)裏の説明に“可愛すぎる名探偵”樋口真由ってあったけど、そんな冠あったのか。 …続きを読む
    ゆう
    2017年04月06日
    30人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

長沢 樹(ながさわ いつき)

新潟県生まれ。
2011年『消失グラデーション』で、第31回横溝正史ミステリ大賞〈大賞〉を受賞し、同作でデビュー。デビュー作にして「2012年版 このミステリーがすごい!」(宝島社)、「2012 本格ミステリ・ベスト10」(原書房)にて、ともに第6位を獲得。

この著者の商品

最近チェックした商品