角川文庫

夏服パースペクティヴ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
544
ISBN:
9784041033647
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

夏服パースペクティヴ

  • 著者 長沢 樹
  • 写真 青山 裕企
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
544
ISBN:
9784041033647

夏休み、学校、そして殺人。本格ミステリの爆弾、ついに文庫化!

夏休みの映画撮影。撮影中キャストの女子高生が突如倒れ込む。その生徒の胸には深々とクロスボウが突き刺さっていた!? “かわいすぎる名探偵”樋口真由が卓越した推理力で、隠されたお驚きの真相に迫る!

おすすめコメント

映画と現実が交錯する空間から、読者を狙い撃ちする戦慄の仕掛けを見よ。
――千街晶之氏(文芸評論家)

読者に見せる物語の眺望(パースペクティヴ)を自在に操り、若者たちの意外かつシビアな真実を提示する。しかし、最後に残ったのは、若さの希望であった。その意味は噛みしめるべき価値がある。
――酒井貞道氏(書評家)
(「本の旅人」2012年12月号より)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「夏服パースペクティヴ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ロケハン設定で作中作という発想は非常に面白い。リアルタイムで人物が動くことで、作中作が陥りやすい失敗を回避出来ている。反面、色々やろうとし過ぎて、纏まりがなくなった印象も強い。真壁側の背景と、美鈴側の ロケハン設定で作中作という発想は非常に面白い。リアルタイムで人物が動くことで、作中作が陥りやすい失敗を回避出来ている。反面、色々やろうとし過ぎて、纏まりがなくなった印象も強い。真壁側の背景と、美鈴側の背景がテーマのもとに上手く収束していないこと、もしくはソレをものともしない仕掛けを用意出来なかったことが痛いところ。読者には、登場人物には伏せられているカードが早くから呈示されているので、どこか違う角度からカウンターを喰らわせて欲しい。ただ、モヤモヤした厨二世界観とミステリの融合はしっかり為されていて面白い。 …続きを読む
    W-G
    2018年02月04日
    275人がナイス!しています
  • 『冬空トランス』と間違えた!そして夏服は単行本を読んで消化不良だったことを思い出した・・・ 『冬空トランス』と間違えた!そして夏服は単行本を読んで消化不良だったことを思い出した・・・
    takaC
    2016年03月05日
    69人がナイス!しています
  • なんと長く積んでいたことか!樋口真由シリーズと言っていいのか。『消失』の内容がかなりあやふやな状態で読みましたが、なんとか追いかけられました。やはり厨二な文章だと思いつつ、お風呂本の割には早く読めた。 なんと長く積んでいたことか!樋口真由シリーズと言っていいのか。『消失』の内容がかなりあやふやな状態で読みましたが、なんとか追いかけられました。やはり厨二な文章だと思いつつ、お風呂本の割には早く読めた。こういう高校生たち、やだな。なんか上から目線だし。なんで面白く読めたのかわからないけど、楽しみました。ラストの『冬服』はどうしようかな。別にいっかな。 …続きを読む
    papako
    2018年04月18日
    64人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

写真:長沢 樹(ながさわ いつき)

長沢 樹(ながさわ いつき)

新潟県生まれ。2011年『消失グラデーション』で、第31回横溝正史ミステリ大賞〈大賞〉を受賞し、同作でデビュー。デビュー作にして「2012年版 このミステリーがすごい!」(宝島社)、「2012 本格ミステリ・ベスト10」(原書房)にて、ともに第6位を獲得。

この著者の商品

最近チェックした商品