悪いものが、来ませんように 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年08月25日
商品形態:
電子書籍

悪いものが、来ませんように

  • 著者 芦沢 央
発売日:
2016年08月25日
商品形態:
電子書籍

最後まで一気読み、そして驚愕のラスト! そこから必ず読み返したくなる!

自分の娘への強い愛情を抱える奈津子。助産院の事務をしながら、不妊と夫の浮気に悩む紗英。二人の異常な密着が恐ろしい事件を呼ぶ。「最後まで読んだら、絶対もう一度読み返したくなる」話題作、ついに文庫化!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「悪いものが、来ませんように」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読みやすく、続きが気になり一気に読了しました。帯にあったように確かに騙されました。これは活字で読むからこそ表現できる騙しだなと思います。皆子供を思う気持ち、子供を欲しい気持ちに変わりないのに何か皆おか 読みやすく、続きが気になり一気に読了しました。帯にあったように確かに騙されました。これは活字で読むからこそ表現できる騙しだなと思います。皆子供を思う気持ち、子供を欲しい気持ちに変わりないのに何か皆おかしい。自分は正常な考えだと思っていても怖いかもしれないと思いました。 …続きを読む
    2019年12月01日
    537人がナイス!しています
  • 本帯の「ぜったい読み返す」に相応しいストーリー。注目は、主人公の女性たちが婚姻生活の中で理想の自己を確認できず、夫への怨念と子供への期待の執着でそれを満たそうとさせる点。他者との関連で成り立っている自 本帯の「ぜったい読み返す」に相応しいストーリー。注目は、主人公の女性たちが婚姻生活の中で理想の自己を確認できず、夫への怨念と子供への期待の執着でそれを満たそうとさせる点。他者との関連で成り立っている自己。にもかかわらず、自己の確立に他者を排除する意識をもつ矛盾が継続されることは率直に切ない。生きる環境が人間自己に与える影響は見逃せないのかと考えた。 …続きを読む
    ろくせい@やまもとかねよし
    2018年12月08日
    402人がナイス!しています
  • 『葉桜の季節に君を想うということ』の刊行が2003年。文章を読むさい頭に浮かぶ光景を逆手にとる行為を、推理小説におけるトリックとは認めない私にとって、本作途中で明らかになる「ズラシ」には、(あぁ帯の「 『葉桜の季節に君を想うということ』の刊行が2003年。文章を読むさい頭に浮かぶ光景を逆手にとる行為を、推理小説におけるトリックとは認めない私にとって、本作途中で明らかになる「ズラシ」には、(あぁ帯の「絶対、ぜったい、だまされて~」、嫌な予感したんだよなぁ…)と大きく嘆息しました。ただ、同じく「衝撃のラスト25ページ」というコピーに、もう一つどんでん返しがあると思ってましたので、最後はヒューマンドラマで終わり、むしろ安心しました。分類するなら、9%の「一部だけ読み返した人」になりましたね …続きを読む
    白いワンコ
    2019年08月24日
    334人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品