ミステリークロック

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年10月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
536
ISBN:
9784041044506

ミステリークロック

  • 著者 貴志 祐介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年10月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
536
ISBN:
9784041044506

犯人を白日のもとにさらすために――防犯探偵・榎本と犯人たちとの頭脳戦。

様々な種類の時計が時を刻む晩餐会。主催者の女流作家の怪死は、「完璧な事故」で終わるはずだった。そう、居あわせた榎本径が、異議をとなえなければ……。表題作ほか、斜め上を行くトリックに彩られた4つの事件。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ミステリークロック」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 貴志祐介は、新作中心に読んでいる作家です。本のボリュームから久々の長編だと思い期待して読み始めたのですが、長編ではなく連作中短編集でした。凝ったトリックは斬新ですが、ミステリとしては大変残念な内容とな 貴志祐介は、新作中心に読んでいる作家です。本のボリュームから久々の長編だと思い期待して読み始めたのですが、長編ではなく連作中短編集でした。凝ったトリックは斬新ですが、ミステリとしては大変残念な内容となっています。『悪の経典』以降、著者はスランプなのかも知れません。一先ずは、次回作に期待したいと思います。 …続きを読む
    starbro
    2017年11月16日
    384人がナイス!しています
  • 純子がどんどん壊れていく・・・。 /「ゆるやかな自殺」(42ページ) このトリックは読んでるだけでも想像がつく。/「鏡の国の殺人」(128ページ) このトリックは読んでるだけじゃ見破れない。/「ミステ 純子がどんどん壊れていく・・・。 /「ゆるやかな自殺」(42ページ) このトリックは読んでるだけでも想像がつく。/「鏡の国の殺人」(128ページ) このトリックは読んでるだけじゃ見破れない。/「ミステリークロック」(204ページ ) このトリックも読んでるだけじゃ見破れない。/「コロッサスの鉤爪」(190ページ) このトリックは素人には見破れない。巻末の謝辞を見るとちゃんと裏付けは取っているのね。/ …続きを読む
    takaC
    2018年02月16日
    239人がナイス!しています
  • Kindleにて読了。榎本と青砥さんシリーズ。どうしてもドラマが頭にちらつく。大野くんと戸田恵梨香だよね。表題作はばかには難しすぎた。 Kindleにて読了。榎本と青砥さんシリーズ。どうしてもドラマが頭にちらつく。大野くんと戸田恵梨香だよね。表題作はばかには難しすぎた。
    yu
    2018年06月30日
    225人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

貴志 祐介

1959年大阪生まれ。京都大学経済学部卒。生命保険会社に勤務後、作家に。
1996年「ISOLA」が日本ホラー小説大賞長編賞佳作となり、『十三番目の人格 ISOLA』と改題して角川ホラー文庫より刊行される。翌年『黒い家』で第4回日本ホラー小説大賞を受賞、100万部を超えるベストセラーとなる。
2005年『硝子のハンマー』で日本推理作家協会賞、2008年『新世界より』で日本SF大賞を受賞。2010年刊行された『悪の教典』は第1回山田風太郎賞を受賞したほか第144回直木賞の候補ともなり、その年の話題を独占した。他の著書に『クリムゾンの迷宮』『青の炎』『ダークゾーン』など。

最近チェックした商品