武田氏滅亡

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年02月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
752
ISBN:
9784047035881

武田氏滅亡

  • 著者 平山 優
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年02月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
752
ISBN:
9784047035881

戦国史研究の未踏峰を拓く大著!

武田信玄の後継者である勝頼は、天正十年(1582)三月十一日、織田信長・徳川家康・北条氏政の侵攻を受けて滅亡した。戦国の雄・武田氏はなぜ、亡国へと追い込まれていったのか。勝頼個人の「暗愚」な資質に原因を求める見方は、はたして正しいのか――。武田・北条・上杉による甲相越三国和睦構想、上杉謙信没後の後継者をめぐる御館の乱、徳川家康との高天神城攻防戦という長篠敗戦後の転換点を主軸に、史料博捜と最新研究から、詳述されてこなかった勝頼の成果と蹉跌を徹底検証。戦国史研究に新たなる足跡を刻む決定版!

序 章 諏方勝頼から武田勝頼へ
第一章 長篠合戦への道
第二章 織田・徳川の攻勢と武田勝頼
第三章 甲相越三国和睦構想と甲相同盟
第四章 御館の乱と武田勝頼
第五章 甲相同盟の決裂と武田勝頼
第六章 苦悩する武田勝頼
第七章 武田勝頼と北条氏政の死闘
第八章 斜 陽
第九章 武田氏滅亡
第十章 勝者のふるまい
終 章 残 響


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「武田氏滅亡」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 松浦静山の名言を体現した感のある勝頼。家督の禍根が、もれなく”滅亡”の根源。朝比奈衆の家康軍の深追いや膳城素肌攻めが崩壊の兆候であり、離反が末期症状。象徴が新府城といったところ。歴史のIFを挙げれば、 松浦静山の名言を体現した感のある勝頼。家督の禍根が、もれなく”滅亡”の根源。朝比奈衆の家康軍の深追いや膳城素肌攻めが崩壊の兆候であり、離反が末期症状。象徴が新府城といったところ。歴史のIFを挙げれば、大岡弥七郎、上杉家内紛、里見家内紛、富士川の増水などなど、吉凶どちらに転んでも不思議ではなかった。但し、勝頼も景勝・景虎を手玉に取る調停や北関東戦略など、”瞬間風速”がキラリと光る。しかしながら、信長と氏政の老獪さの前にはつむじ風程度。「死に場所」・・・か。いや~、戦国時代は本当に興味が尽きない。 …続きを読む
    thayami
    2018年03月06日
    54人がナイス!しています
  • 長篠の大敗で信玄来の宿将を数多死なせ、武田を滅ぼした勝頼を暗愚の将だと思っていた。しかし、それは違った。長篠以降も勝頼は戦国武将であり続けていた。御館の乱で景虎につかず両者の和睦を促した理由も大いに納 長篠の大敗で信玄来の宿将を数多死なせ、武田を滅ぼした勝頼を暗愚の将だと思っていた。しかし、それは違った。長篠以降も勝頼は戦国武将であり続けていた。御館の乱で景虎につかず両者の和睦を促した理由も大いに納得が行く。上野においては北条を追い詰め、武田家の領国を最大にした。駿河では徳川の侵攻を必死で食い止めていた。なぜ武田家は滅びたか。高天神落城などもあるが、平山氏が最後に書いているように、勝頼は諏方勝頼であって武田勝頼になれなかったからではないか。信長によって朝敵にされた勝頼に同情を禁じ得ない。 …続きを読む
    YONDA
    2017年06月28日
    18人がナイス!しています
  • その緻密さに圧倒された。一言では説明できない滅亡の要因を、余すことなく書ききった、満足の読み応えの1冊。面白かった。 その緻密さに圧倒された。一言では説明できない滅亡の要因を、余すことなく書ききった、満足の読み応えの1冊。面白かった。
    umeko
    2018年06月12日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品