試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年09月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
352
ISBN:
9784040823591

戦国の忍び

  • 著者 平山 優
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年09月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
352
ISBN:
9784040823591

”忍び”は実在した! 気鋭の歴史学者がこれまでの戦国合戦研究を覆す!

戦国時代の合戦の裏では、本当に「忍者」が活躍していた!

これまでフィクションの中でしか考えられなかった戦国時代の忍者。
実像は闇に包まれ、江戸時代に書かれた軍記物や、忍術伝書から想像するしかなかった。
しかし、史料に断片的に残されていた、忍びにまつわる記述を丹念に読み解くことで、その驚きの実態が明らかとなった。
これまでの戦国合戦研究を覆す、気鋭の歴史学者による最新研究!

●カギ梯子で、300人もの忍者が城へ忍び込む!
●商人に化けて敵城へ潜入!
●侵入してきた敵の忍びを見つけ出す!
●捕らえられた忍び、荷物から火打ち道具が見つかり「敵の忍者です」と白状

【目次】
はじめに

第1章 江戸時代における忍びの認識
 1 忍びとはどのような人々であったか――『武家名目抄』
 2 忍びのマニュアルと心構え――『軍法侍用集』
 3 武田の軍記物に描かれた忍び――『甲陽軍鑑』
 4 忍びの別称

第2章 戦国の忍びの登場
 1 伊賀と甲賀
 2 武田の透波、北条の風魔、伊達の黒脛巾
 3 悪党と忍び

第3章 草、野臥、かまり
 1 草、草調義
 2 伏兵、伏勢、伏調儀
 3 野臥、かまり

第4章 城の乗っ取り、放火、決死の諜報活動
 1 城乗っ取りと忍び
 2 忍びによる潜入と放火
 3 目付の活動

第5章 戦国大名と忍び
 1 中世の夜と忍びの世界
 2 忍びの運命 
 3 足軽と忍び

おわりに――戦国の忍びとはどのような人々だったのか

あとがき
参考文献一覧

もくじ

はじめに

第1章 江戸時代における忍びの認識
 1 忍びとはどのような人々であったか――『武家名目抄』
 2 忍びのマニュアルと心構え――『軍法侍用集』
 3 武田の軍記物に描かれた忍び――『甲陽軍鑑』
 4 忍びの別称

第2章 戦国の忍びの登場
 1 伊賀と甲賀
 2 武田の透波、北条の風魔、伊達の黒脛巾
 3 悪党と忍び

第3章 草、野臥、かまり
 1 草、草調義
 2 伏兵、伏勢、伏調儀
 3 野臥、かまり

第4章 城の乗っ取り、放火、決死の諜報活動
 1 城乗っ取りと忍び
 2 忍びによる潜入と放火
 3 目付の活動

第5章 戦国大名と忍び
 1 中世の夜と忍びの世界
 2 忍びの運命 
 3 足軽と忍び

おわりに――戦国の忍びとはどのような人々だったのか

あとがき
参考文献一覧

メディアミックス情報

NEWS

「戦国の忍び」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 近年の忍者関係の論著を読み、忍者なるものは存在しないと思っていたが、本書によると「忍び」と位置づけられる人々は実在していたようだ。「悪党」すなわちアウトローに出自し、野武士(野伏、野臥)と重なり、当時 近年の忍者関係の論著を読み、忍者なるものは存在しないと思っていたが、本書によると「忍び」と位置づけられる人々は実在していたようだ。「悪党」すなわちアウトローに出自し、野武士(野伏、野臥)と重なり、当時の編成では足軽の一部とされ、昼の合戦に対して夜の忍び合戦を担った人々ということになるようだ。これを伊賀、甲賀、風魔など著名な事例を含めて史料を読み解き、明らかにしていくのが読みどころ。これまでの盲点を拾い上げるような議論で面白い。 …続きを読む
    さとうしん
    2020年09月23日
    20人がナイス!しています
  • 非常に面白い、おすすめの本。忍者、といえばロマン溢れる存在。それ故に虚像や創作で盛られ過ぎてて、実像なんか掴みようがない。そんな忍者を史料から読み解いていく。アウトローとして、大名たちに雇われ、様々な 非常に面白い、おすすめの本。忍者、といえばロマン溢れる存在。それ故に虚像や創作で盛られ過ぎてて、実像なんか掴みようがない。そんな忍者を史料から読み解いていく。アウトローとして、大名たちに雇われ、様々な業務をこなした忍者達の一面が垣間見える。侍階級としての忍者については知っていた部分もあったので、「夜」の世界の住民としての彼らに視点を当てたのが興味深い。大名が「夜」の世界を支配し、治安維持の為に雇われた忍者。一目置かれつつも蔑まれていた彼らの最後は『狡兎死して走狗烹らる』というのが虚しい。 …続きを読む
    サケ太
    2020年09月18日
    19人がナイス!しています
  • 講談や伝説等を排した戦国時代の忍者の実像に触れている内容。いわゆる忍びの仕事も諜報や破壊工作といった物はもとより草調儀、伏長儀と呼ばれる撹乱や消耗目的の小規模戦闘の専門家であったのが興味深い。他にも忍 講談や伝説等を排した戦国時代の忍者の実像に触れている内容。いわゆる忍びの仕事も諜報や破壊工作といった物はもとより草調儀、伏長儀と呼ばれる撹乱や消耗目的の小規模戦闘の専門家であったのが興味深い。他にも忍びの出自が盗賊・牢人等のアウトローで武士階級と格差があった事や戦国時代の夜が持つ意味合いの大きさ等、戦国時代観がまた変わる一冊であった。 …続きを読む
    ようはん
    2020年10月18日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品