真田信繁 幸村と呼ばれた男の真実

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年10月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
384
ISBN:
9784047035638

真田信繁 幸村と呼ばれた男の真実

  • 著者 平山 優
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年10月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
384
ISBN:
9784047035638

大河ドラマ「真田丸」時代考証担当者が新たな信繁像を打ち立てる!

諱は「幸村」か「信繁」か。真田丸はどこにあり、どんな形態をしていたのか。実戦経験の乏しい信繁が、なぜ徳川方も称賛するほどの軍功をあげることが出来たのか――真田研究の第一人者が、文書や軍記物、絵図や布陣図ほか数少ない史料を博捜し、真田信繁をめぐる通説・俗説・新説をその根本から再検証。重視され続ける旧来の大坂の陣論や家康謀略論をも問い直し、幾多の謎に包まれた「不思議なる弓取」の実像を解き明かす。


豊臣秀頼を滅ぼした徳川家康の意外な真意とは。
信繁たち大坂方の牢人は、大坂の陣でどんな役割を果たしたのか。
彼らの活躍は両陣営の戦況と政策に如何なる影響を与えていたのか――。
勝者と敗者を分ける「その時」を捉えなおし、
真田信繁像や大坂の陣論に、新たな視座を提示する!

もくじ

序 「不思議なる弓取」と呼ばれた男
第一章 真田信繁の前半生
   一、生い立ちと諱の謎
二、武田氏滅亡後の激動
第二章 父昌幸に寄り添う
   一、北条・徳川・上杉の狭間で
二、豊臣政権下の真田信繁
第三章 関ヶ原合戦と上田攻防
   一、兄信幸との訣別
   二、第二次上田合戦の真相
第四章 九度山の雌伏
   一、父昌幸の死
  二、大坂入城
第五章 真田丸の正体
   一、実像をめぐる諸問題
   二、真田丸の復元的検討
第六章 大坂冬の陣
   一、東西両軍の布陣
   二、真田丸の戦い
   三、束の間の平和
第七章 大坂夏の陣
   一、再戦への道
   二、道明寺合戦
   三、刃を交えた敵、それぞれの事情
   四、真田信繁の最期と豊臣氏滅亡
終 章 真田信繁から幸村へ


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「真田信繁 幸村と呼ばれた男の真実」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • いろいろ真田幸村を読んできましたが、最近の研究成果から史実は通説とは違うようだということがわかってきて非常に楽しく読めました。第二次上田合戦はもとから真田討伐であったこと、徳川家康は豊臣家を滅ぼす気は いろいろ真田幸村を読んできましたが、最近の研究成果から史実は通説とは違うようだということがわかってきて非常に楽しく読めました。第二次上田合戦はもとから真田討伐であったこと、徳川家康は豊臣家を滅ぼす気はなかったこと、大阪の陣は両方とも豊臣側が優勢だったことなど。狡猾な家康が嫌いですがちょっとましになりました。それにしても信繁に弟がいたとは知らなかった。幸村のことをよく知っている人にとっては新たな視点を与えてくれる良書です。 …続きを読む
    BIN
    2016年05月27日
    14人がナイス!しています
  • 現状、真田信繁の事を一番に詳しいのはこの本ではないだろうか。真田幸村本は平気で幕末資料を使うのが多く、同時代の信用ある資料は評価できる。信繁の花押を年代事に追うと晩年に幸村説を否定。信繁は豊臣家の大名 現状、真田信繁の事を一番に詳しいのはこの本ではないだろうか。真田幸村本は平気で幕末資料を使うのが多く、同時代の信用ある資料は評価できる。信繁の花押を年代事に追うと晩年に幸村説を否定。信繁は豊臣家の大名として組み込まれ領地を賜る。信之の八千石の時に信繁が一万四千石。信之より多いのは豊臣家の信頼を表している。上田合戦の真相が明らかになり、天王寺軍の戦いの経過が明らかにわかる。しかし、疑問も多い信繁が中間派なら、赤備えはいつ仕立てたのか。夏の陣が浪人達の軍備を整えたのが問題なら信繁は最右翼になるのでは? …続きを読む
    無月斎
    2019年01月30日
    11人がナイス!しています
  • 第1章で信繁発給文書の花押の型の変化を年代順に検討することにより、「幸村」署名の文書を偽文書と論証しているところにはうならされた。第5章では真田丸の研究史、主な史料を丁寧に紹介しており、非常に参考にな 第1章で信繁発給文書の花押の型の変化を年代順に検討することにより、「幸村」署名の文書を偽文書と論証しているところにはうならされた。第5章では真田丸の研究史、主な史料を丁寧に紹介しており、非常に参考になる。豊臣政権の諸問題、そして「牢人問題」と大坂夏の陣へと向かう歴史の流れの中に真田信繁という人物を位置づけており、面白く読めた。随所に最新の研究による新見解が盛り込まれ、固定観念をときほぐしてくれる。またそれでいて、まだまだ不確かなこと、わからないことはしっかりとその旨を明記している。堅実な良書。 …続きを読む
    電羊齋
    2016年04月01日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品