角川選書

戦国大名と国衆

領国支配と軍事編成――その中核に誰がいたのか。

  • 著者 平山 優
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年12月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784047036703
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川選書

戦国大名と国衆

領国支配と軍事編成――その中核に誰がいたのか。

  • 著者 平山 優
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年12月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
312
ISBN:
9784047036703

領国支配と軍事編成――その中核に誰がいたのか。

戦国大名の領国は、軍事侵攻で制圧した直轄支配地域と、彼らに従属した「国衆」(先方衆とも)が排他的に支配する「領」(「国」)とでモザイク状に構成されていた。この戦国期固有の領主たちはいかに誕生したのか。大勢力の狭間で翻弄されながらも、その傑出した実力で戦国大名とどのような双務的関係を結び、彼らの権力構造にいかなる影響を及ぼしていたのか。武田氏を主軸に、史料渉猟から浮かび上がる国衆の成立・展開・消滅の歴史を追い、戦国大名の領国支配と軍事編成の本質を総括・通覧する。

はじめに
第一章 戦国期の国衆と先方衆
第二章 室町期国人領主の成立と展開
第三章 国人領主から国衆へ
第四章 戦国大名領国下の国衆「領」(「国」)
第五章 国衆の武田氏従属
第六章 先方衆としての国衆と武田氏
終 章 武田氏滅亡と国衆
参考文献一覧
あとがき

トピックス

この著者の商品

最近チェックした商品