試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年06月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041041277

Another エピソードS

  • 著者 綾辻 行人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年06月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041041277

幽霊と少女の、“死体探し”の物語。未曾有の学園ホラー、異色の続編!

1998年、夏休み。両親とともに海辺の別荘へやってきた見崎鳴が遭遇したのは、死の前後の記憶を失い、消えたみずからの死体を探す青年の幽霊、だった。謎めいた屋敷を舞台に、幽霊と鳴の、秘密の冒険が始まる――

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「Another エピソードS」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「Another」の外伝。あの事件の結末を知った後、少し張り詰めたものから解き放たれたような感覚で、冒頭のセリフに誘われるように物語の世界へ入っていった。大きな展開は無いが、その分、落ち着いた中に潜む 「Another」の外伝。あの事件の結末を知った後、少し張り詰めたものから解き放たれたような感覚で、冒頭のセリフに誘われるように物語の世界へ入っていった。大きな展開は無いが、その分、落ち着いた中に潜む仄かな不気味さとノスタルジックな雰囲気にじっくりと浸る。終盤にはミステリらしい見せ場が待ち受けていて、メインも良かったが、ダイイングメッセージが絡む謎の話も印象的だった。微かに心に引っ掛かっていたあの違和感、それが繋がり、一気に見えてくる切ない物語。何とも心憎い。外伝も楽しめた。そして続編にも期待。 …続きを読む
    buchipanda3
    2020年09月26日
    128人がナイス!しています
  • 『メイ探偵祭:その1』作者の綾辻先生曰く、本書「エピソードS」は外伝的な物であるらしい。なるほど続編にしてみては余りにも物足りんもんね。後書きには『Another2001』なるものを執筆中との事です。 『メイ探偵祭:その1』作者の綾辻先生曰く、本書「エピソードS」は外伝的な物であるらしい。なるほど続編にしてみては余りにも物足りんもんね。後書きには『Another2001』なるものを執筆中との事です。そちらに期待。。「想」君の物語になるのかな?にしても鳴ちゃんってこんなに良くしゃべる娘でしたっけ?なんかイメージがちと違うね★ …続きを読む
    勇波
    2016年06月21日
    123人がナイス!しています
  • 夜見山北中学の災厄を生き残った「見崎鳴」は夏休みにも奇妙な体験をし、「榊原恒一」に語り始める。別荘地で知り合った「賢木晃也」。記憶が曖昧な幽霊。自分の亡骸を探しながらさ迷い続ける…鳴はそんな幽霊に付き 夜見山北中学の災厄を生き残った「見崎鳴」は夏休みにも奇妙な体験をし、「榊原恒一」に語り始める。別荘地で知り合った「賢木晃也」。記憶が曖昧な幽霊。自分の亡骸を探しながらさ迷い続ける…鳴はそんな幽霊に付き合い真実を追う。そんな中、彼も災厄を経験した夜見北中の元生徒だった過去に闇を感じる。生き残った者の苦しみも深刻。思いがけない展開の連続。さらに3年後の未来もきっと… …続きを読む
    のり
    2019年02月03日
    108人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

期待した以上の内容でした。読み進めていくと出てくる数々の疑問点。しかし、読み終えると疑問点はすっかり解消され、残るのは安堵とすごいところを冒険したという満足感。さすがだなあ、と思いました。僕の一番のホラー小説は、このお話で決まりです。(海斗さん)

『Another』はアニメで見たのみだったのですが、前作との繋がりを気にすることなく読むことが出来ました。ホラーというよりもミステリ、”幽霊”の謎が少しづつ明かされていく過程にはドキドキさせられ、最後のオチにも驚かされました。(翔太さん)

のっけから衝撃の展開でした。驚きです。それだけではなく、最後の最後にまで仕掛けが施されていて、終盤、私の背中はぞわぞわしっぱなしでした。そして読み終わったあとタイトルの意味に気づいたときは、なんかもう笑ってしまいました。細部まで施された仕掛けは、正に”綾辻作品”といった感じです。(スズさん)

著者紹介

綾辻 行人(あやつじ ゆきと)

京都大学教育学部卒業、同大学院博士後期課程修了。1987年、在学中に『十角館の殺人』で衝撃的なデビューを果たし、いわゆる新本格ムーブメントの契機となる。92年には『時計館の殺人』により第45回日本推理作家協会賞を受賞。

最近チェックした商品