アンゴルモア 元寇合戦記 第5巻

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ComicWalker
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年02月26日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
192
ISBN:
9784041039366

アンゴルモア 元寇合戦記 第5巻

  • 著者 たかぎ 七彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年02月26日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
192
ISBN:
9784041039366

謎の戦闘集団≪刀伊祓(といばらい)≫、対馬軍に合流す!

壇ノ浦の合戦から対馬に落ち延びた曾祖父・安徳帝に面会した輝日は、防人の末えいといわれる「刀伊祓」という集団が拠点とする入り江へ向かうよう指示を受ける。だが、その平和な入り江にも蒙古軍が迫っていた!

メディアミックス情報

NEWS

「アンゴルモア 元寇合戦記 第5巻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 冒頭は安徳帝と義経のエピソード。源氏の武者と平家に守られた帝の接点は瞬く間だったが、そのやりとりが明朗で良い。そして刀伊祓の隠れ城に辿り着いた一行。蒙古軍が去るまであと五日もあるのか。迅三郎は防人の末 冒頭は安徳帝と義経のエピソード。源氏の武者と平家に守られた帝の接点は瞬く間だったが、そのやりとりが明朗で良い。そして刀伊祓の隠れ城に辿り着いた一行。蒙古軍が去るまであと五日もあるのか。迅三郎は防人の末裔たちの協力は得られそうだが、一方で裏切りも始動している・・・。蒙古が対馬を乗り越えてくる歴史の中で、どれだけ抗えるのか。 …続きを読む
    眠る山猫屋
    2018年09月26日
    45人がナイス!しています
  • 対馬も広いんだなあ、というのが読んでみての感想である。だって、地図上でみると対馬って大きくもない島じゃないですか。宗家が全てを差配しているのかと思っていたのに、刀伊祓が自身の居城を持っていて、独自の文 対馬も広いんだなあ、というのが読んでみての感想である。だって、地図上でみると対馬って大きくもない島じゃないですか。宗家が全てを差配しているのかと思っていたのに、刀伊祓が自身の居城を持っていて、独自の文化を形成していることが新鮮な驚きだった。今剣も効果的なガジェットで、今に名前が残る短刀が登場したことで、ぐっとこの世界がリアルなものとして迫力を持ち始める。政治史の上では対馬は蒙古に蹂躙されて通り過ぎて、それ以上語られることは少ない場所だけれど、確かにそこに息づいていた人がいて、脈動が聞こえてくるかのようだ。 …続きを読む
    流言
    2017年02月01日
    40人がナイス!しています
  • 防人の末裔たちが守る金田城、かなたきに、国府衆、流人衆が合流。力を合わせることに。石垣の城は、鎌倉時代には珍しいとのこと。石垣は立派だが、守る兵が少ない弱点を迅三郎が見抜く。裏切り者も出てきてどうなる 防人の末裔たちが守る金田城、かなたきに、国府衆、流人衆が合流。力を合わせることに。石垣の城は、鎌倉時代には珍しいとのこと。石垣は立派だが、守る兵が少ない弱点を迅三郎が見抜く。裏切り者も出てきてどうなる?さあ、6巻へ。 …続きを読む
    のぶのぶ
    2016年09月02日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品